経済

英国電力会社ドラックス(Drax)、アジアでバイオマス販売推進に日本進出

ロンドン、7月14日(ロイター) – イギリス発電所Drax Group Plc(DRX.L)は、木曜日にアジアで持続可能なバイオマスペレット供給を拡大するために日本に事業を拡大すると発表した。

Draxは、欧州およびアジア市場を目指して木材ペレット生産能力を現在年間500万トンから2030年まで年間800万トンに増やすことを目指していると述べた。

岡本康久 Drax Group アジア専務理事は「全バイオマス価値連鎖に対する Drax の比類のない専門性は…日本の気候目標を支援することができ、石炭からの移動を加速し、クリーンエネルギー技術への投資を可能にします。」と述べました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Draxは、イギリスのヨークシャーにある石炭火力発電所のいくつかを持続可能なバイオマスを使用するように切り替えました。

また、再生可能な燃料源に分類される木材ベースのバイオマスペレットを燃やす際に発生する排出量を捕捉して保存する技術を開発中であり、2027年までにイギリスのある工場でこれを稼働することを希望しています。 もっと読む

同社は、2030年まで大気から毎年1,200万トンの二酸化炭素(CO2)を除去することを目指しています。

Draxはアメリカとカナダに17の持続可能なバイオマスペレット工場を持っています。 この発電所はイギリスの再生可能電力の12%を供給します。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

ベンガロールのMuhammed HusainとロンドンのBozorgmehr Sharafedinの報告。 編集:Shinjini GanguliとNina Chestney

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  中国は電力危機を防ぐために、石炭の生産量をすぐに増やすと命じました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close