スポーツ

英本国マレー「デビスカップ出場しないだろう」

ファイルの写真 – 東京2020年オリンピック – テニス – 男子ダブルス – 8強 – 有明テニスパーク – 東京 – 2021年7月28日。 英国のアンディ・マレーが男子ダブルス準々決勝で反応しています。 REUTERS / Lucy Nicholson

10月13日(ロイター) – アンディ・マレーは、デビスカップを出展していない計画である。 なぜなら、自分が英国でプレー資格があることを確信しているが立たず、全世界ランキング1位のアンディ・マレーも全豪オープンに出場する前に休憩が必要だと言ったからである。

英国は11月27〜28日デビスカップ予選インスブルックでフランスとチェコを相手にする予定であり、大会は12月5日に終了する予定である。

全豪オープンは1月にメルボルンパークで開催される予定であり、34歳のマレーは、今年の最初のグランドスラムでの操業前に回復して、家族と一緒に時間を過ごすたいました。

マレーは火曜日インディアンウェルズのアレクサンダーズベレープとの3ラウンドの試合後BBCとのインタビューで、「私はデビスカップで多くのことを与え、時には身体的損害を着ることもあった」と述べた。

「私も今、私プレー考えがない。確かに、それは(英国の主張)Leon(Smith)にかかっているが、私はそのチームでプレー資格があることを確認することができない。

「今はデビスカップの試合を走る考えがなく、遅く仕上げてオーストラリアに早く出発したため、今から年末までの日程で休んで休むいたします。私の体が息をする機会を与える。 “

当局が予防接種を実施しながら伝染性の高いデルタ変種の発症を制御するために闘争することにより、メルボルンは、数ヶ月の間に閉鎖された。 続きを読む

テニスのオーストラリアはまだグランドスラムプレーヤーのためのいくつかの準備ができても公開していません。

バンガロールでManasi Pathakの報告Christian Radnedgeの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  大谷翔平、マリナーズを過ぎ天使たちを導く10人

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close