世界

英雄ラットマルコと、カンボジアの地雷探知キャリアから引退:NPR

Magawaはここで地雷を探知するために働く姿を見せてくれます。 動物が5年間してきたことです。


APOPO


キャプションを隠す

トグルキャプション


APOPO

Magawaはここで地雷を探知するために働く姿を見せてくれます。 動物が5年間してきたことです。


APOPO

Magawaという名前の英雄的なネズミカンボジアの5年間働い数十個の地雷を見つけました。 彼は命を救ったと信じています。

今、動物は当然の引退を開始しようとします。

非営利団体APOPOは「まだ健康しかし、彼は定年に達し明らか速度が遅くなり始めました。」 木曜日と述べた。 「時間である。 ”

MagawaはAPOPOに爆薬のにおいを引き受けるように訓練された、タンザニア生まれのアフリカの巨大ポケットネズミです。 慎重な訓練を通じて、彼と彼のネズミの仲間たちは、地雷を識別し、人間ハンドラに警告することを学んで地雷を安全に削除することができます。

カンボジアで働く彼の熟練した同僚の間でもMagawaは、優れたスニファです。 彼は4年間240万平方フィート以上の土地をきれいにするのに役立ちました。 その過程で、彼は 発見した 71個の地雷と38個の米爆発兵器。

昨年Magawaは、英国で最も高い動物を受けました。

仮想意識、イギリスの慈善団体PDSAはMagawaに命を救った功労で金メダルを授与されました。

「ネズミにメダルを授与されたのは、動物を称える77年の歴史で初めてです。」PDSAのJohn Smith議長は進行過程で言いました。

この団体は、第二次世界大戦中に紛争に直面した動物を勇敢に認めるためのメダルを始めました。 以前の受賞者には、犬、鳩、馬と猫が含まれます。

Magawaのメダルは完全にマウスの大きさで、彼の作品のベルトに適合します。

APOPOのCEOで共同創立者であるChristophe Coxは、分析結果地雷探知が「問題の最も高価な退屈な部分」という事実を発見した後、組織が新しい爆発検出技術を探索し始めたました。

Cox氏は、仮想イベントで「マウスが早いのでマウスを使用してのアイデアを考えていました。30分で200m2の面積をスクリーニングすることができます。この作業は、手動ディマイナーが4日かかること」と、仮想イベントでCoxは言いました。

Magawaは、これらの目的のためにAPOPOで飼育したラットの集団の一部です。 彼は2014年にタンザニアで生まれ社会化されて、2016年のカンボジアシェムリアップに移住爆弾探知キャリアを開始しました。

APOPOはラットにターゲットを探したり、表面を歩くのと同じタスクを実行することに対する食品の報酬を与える肯定的な強化方法を使用します。 次に臭い差別訓練を受けます。 食べ物の報酬を受けるため、他のものよりも、爆発的なにおいを選択することです。

Magawaは彼のハンドラであるMalenとみられる。

APOPO


キャプションを隠す

トグルキャプション

APOPO

ひどい視力を持っているが握る優れた嗅覚とサイズで、これらの作業に最適です。 とても軽く鉱山を動作させることができません。 地雷を発見した場合、その上から軽くこすり出し発見したことをハンドラに通知します。

彼らの報酬:バナナ。

Cox氏はラットが訓練の分野で技術を磨き、様々な段階の複雑さに8,600平方フィートの面積に対して完璧な精度を確保した後に作業を開始することができると言いました。

「私たちは、マウスを本当に信頼します。地雷を取り除いた後、私たちのチームは、私たちの仕事の質を確保するために地雷でサッカーの試合をしています。」と彼は言いました。

コックスはラットが地雷の恐怖から100万人以上の人々を解放したと述べた。

週末には、ラットは、特別な晩餐を食べました。 実力が低下マウス退職者の家に行って食べ物を食べ、残りの日中遊んでいます。

Cox氏はこの賞Magawaと彼の仲間たちが献身する台に、より多くの関心を持って来ることを希望すると述べた。 「私たちは、今後5年から10年以内に地雷問題を解決することを願ってますが、より多くの大衆の参加と支援が必要です。 “

編集者注: この物語の一部は、元の2020年9月に公開され更新されました。

READ  「家族の平和調達」ケイトミドルトン、ウィリアムとハリーの破裂を鎮圧

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close