トップニュース

菅野12連勝「難しいけど…」次の試合前人未踏の挑戦 – プロ野球:日刊スポーツ

広島巨人開幕投手で連勝を12に伸ばし、ボードを手に笑顔を菅野

<히로시마 1-6 거인> ◇29日◇マツダスタジアム

巨人菅野由紀投手(30)が球団史上初の開幕投手で12連勝を達成した。

6回104球を投げて4安打1失点9奪三振の快投で球団は38年春のスタールヒンを抜いて球界では、2004年岩隈(近鉄)に上がった。 「率直に嬉しいです。これは、だけで、自分の力だけではどうにもならないことが本当に1勝1勝の積み重ねなので、後ろに守ってくれる獣かトレーナーバロスしたり、複数の人に感謝を伝えた希望である」と頭を下げた。

ピンチでギアを聞い追加点を与えなかった。 5回岡本の失策が関連無事二三塁の危機を背負った。 まず大成を141キロのフォークで空振り三振にとると、引き続き田中規模で150キロの直球で連続三振を奪った。 最後鈴木マコトウル150キロの直球に右日に捕まえ “毎回獣に支えられてしまったであり、何とかカバーしたいと言う気持ちで今日は、チームの一環で勝利した勝利だと思います」と笑顔を見せた。

次の試合で勝利をかけておけば、前人未到の開幕投手で13連勝だ。 次の試合に向けて「この行進は1回負けてしまうの記録が止まってしまう。毎回意識しながらマウンドに上がるのは意外に難しいものですが、そのような期待に応えることも、プロ野球の醍醐味醍醐味だと思いますし、自分も負けずシーズンを終えることができるよう努力していきます」と力を込めた。

READ  「スパイの妻」黒沢清監督の銀獅子賞ベネチア映画祭北野武監督の後 - 産経ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close