経済

落ち着いてエアコンを消す – 日本の省エネはヨーロッパのモデルです

2022年3月17日、東京都豊島区地震発生地域で家と建物が停電した様子。 REUTERS/Issei Kato

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、7月28日(ロイター) – ヨーロッパがロシアのガス削減によるエネルギー不足に備えている中、10年前の日本の自らのエネルギー危機は、照明を暗くして階段を上り下げるなどの家庭や企業に生存教訓を提供します。

EUエネルギー大臣は、火曜日のウクライナ戦争によってロシアの供給が不確実な中で、加盟国が8月から3月までのガス使用量を自発的に15%削減する提案を承認しました。

省エネまたは「setsuden」は2011年3月、福島第一原子力発電所でメルトダウンを起こした地震と津波の余波で日本の国家プロジェクトとなりました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

その後数週間と数ヶ月間、ショッピングセンターはエスカレーターをオフにし、工場は組み立てライン時間を短縮し、点滅する照明と騒々しい機械で有名なパチンコギャンブルは一時的に休業しました。

日本エネルギー経済研究所の田中高一郎氏は、当時多くの日本人たちの態度は「私たちは何かをしなければなりません。さもなければ災いが来るでしょう」と回想しました。

彼は、COVID-19感染症の間、マスクの着用に対するほぼ完全な公衆の遵守を確実にする強力な社会的圧力も一役買ったと述べた。

福島施設を運営する東京電機電力(9501.T)は発電容量の約40%を失いました。

事故直後には、史上初めて予定された停電を宣言し、今後数週間、首都圏で断続的に停電を起こしました。 結局、古いガス火力と石炭火力発電所を再起動しました。

その年の5月、政府は東京と日本北部の市民と企業に夏のピーク時に電力を15%抑えるように促しました。 日本もタイトなエネルギー供給に苦労しているため、今年も同様の措置がとられています。

クールビーズ

ほとんどの日本企業は、2011年に災害が迫ると緊縮モードに突入し、電灯を消してエレベーターをアイドリングしました。 環境省は、ピーク時にプリンタの半分以上をオフにし、自動販売機のプラグを抜くことができるように、従業員に自分の冷たい飲み物を持って来るように依頼するなどのステップを通じて、25%のより大きな節約を目指しました。

プロ野球とサッカーチームは夜間競技を中断し、試合を午後に移して照明需要を減らした。 職場の管理者は、サーモスタットを高め、スタッフが夏にもっと軽い服を着ている政府の「クールビーズ」キャンペーンを受け入れることを奨励しました。

自動車メーカーNissan Motor Co(7201.T)はピーク時間帯に電力網への負担を減らすために工場交代時間​​を再調整し、コンビニチェーンLawson Inc(2651.T)は多くの店舗にLED電球に切り替え、太陽光パネルを追加しました。 デパート。

大衆の感情は原子力エネルギーに対して反対方向に戻り、2013年末までに日本は日本電力の約4分の1を供給した54個の原子炉をすべてアイドル状態にしました。

エネルギーギャップを埋めるために、日本は液化天然ガス(LNG)、石炭、石油などの化石燃料に目を向けました。 カタールからのLNG収入は災害後急増し、2010年度から2012年には1,566万トンに2倍以上増加しました。

エネルギー収入の増加は、日本が2011年31年ぶりに貿易赤字を記録する要因の一つでした。 経済は地震とエネルギー不足の影響で低迷に陥り、世界的な金融危機の初期回復を窒息させました。

国内総生産は事故当時の四半期に0.9%下落し、2011年中そのままでした。

田中は、東部と西部地域の電圧基準が異なるため、国内の負荷共有さえ難しいと述べた。

彼は「ヨーロッパ人の場合はグリッドにつながっているため、どこかから来る最後の手段という感じをまだ持っているかもしれない」と話した。 「ここの日本ではそんな贅沢はありません。私たちしかいません」

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Rocky SwiftとYuka Obayashiの報告。 David DolanとAngus MacSwanの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  焦点:「ワクチン不信 "どのように説得米国コロナウイルスの鍵握る啓発活動| ロイター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close