エンターテインメント

藤井2グァンワンヌン豊島2冠になぜ勝てない? AI学者が分析 – 社会:日刊スポーツ

長期の高校生プロ藤井聡太2冠(既成・王位= 18)が5日、大阪の関西期会館で第70期の王前候補決定リーグ第2戦で豊島正幸2冠(竜王・叡王= 30)に挑戦する。 同じ愛知県出身のトシは、これまでの5戦全敗。 フジに崖のように立ちはだかる「ラスボス」である。 日本で唯一のオリジナルプロの記事人工知能(AI)の学者の北陸先端科学技術大学院大学の副学長・飯田裕之氏(58)に「なぜ古典か」を聞いた。

◇◇◇

「元プロの記事」であり、「AI学者「日本で唯一の両方の分野の専門家である飯田氏は、「AI的な感性で見ると、2人の挿しとても似ている。さらに言えば、藤井氏の読み筋とトシさんの読み筋はフィット “年齢はさらに、他の二人だが、期ソフトウェアを研究に導入して飛躍的に気力を高めてきた。

AI学者には、2人の印象は違う。 17年6月にフジデビューから無敗のまま」公式戦29連勝」を達成した。中学生の専門快挙以上に驚いたことがあった。「コンピュータの長期ソフト挿しの品質をここまで導入与えているとは…「コンピュータの動作原理をよく理解して、すでにAIの本質を握っていると感じた。

また、フジが「進化」を見せたのは、史上最年少で優勝した既成全5回勝負第2局。 AIが長時間にわたり6億手まで考慮すると、絶妙な手と分かった」3一銀」藤井は短い時間で指した。 「AIを超え神の手 “に飯田氏は、「初期の候補手で切ってしまう方法も落とさずに読むことができる深い感性を持っている。それをAIで体得している」と分析した。

14年にプロの記事と期ソフトが5対5団体戦で戦った第3回電王戦。 当時7段だった豊島は1人、ソフト勝った。 間近観戦した飯田氏は、「AIにトラップ(罠)をかけるのではなく、自然な勝つ方法をした.AI勝つ標本のような大国でAIの弱点を看破していた。 ” その上で、藤井が苦戦する一つの理由として、「豊島氏は藤井氏がAIで体得した力とは、他の面の力を体得しているのかもしれない」と推測した。

小学校6年生のとき、藤井は当時24歳のトシと練習試合したことがある。 元の記事の観点から飯田氏は、「トシさんは、プロが強くなる前藤井氏の考えを知っている。多分そういうこともあるかもしれない」と述べた。 2人の6番目の対決。 「AIという未知の知性でどのように学び、AI技術をどのように人間の仕業で導入していくのか。」 しなやかさを兼ね備えた二人の戦いを風変わりなAI学者も注目している。 【松浦隆】

◆第70期の王前候補決定リーグ(王リーグ)渡辺明王の挑戦権を争う王リーグは7人の獣前。 藤井2冠豊島2冠王、羽生善治球団広瀬明仁8ただし、長瀬拓矢王座木村一基9段、佐藤天彦9段の両方を獲得経験者。 1回転で藤井は羽生に敗北トシ木村で勝利を収めた。

◆飯田裕之(飯田・ヒロユキ)1962年(昭和37)1月17日、山形県生まれ。 AI学者。 私はプロの記事(7段)。 中学2年生に上がってプロの記事養成機関「奨励会」に入る。上智大工学部3年生の時に四段に昇段プロ記事。ゴオウ延介球団の高弟94年東京農工大でコンピュータの研究を続けて博士号を受けた。同年記事で活動を休業。今春から教授を務めていた北陸先端科学技術大学院大学の副学長」コンピュータは名人を超えることができるか」など著書多数。

READ  David PeaceのTokyo Reduxレビュー - 3部作のための素晴らしい結論| 小説

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close