スポーツ

藤川演説松坂に「目標にいてくれてありがとう」 – プロ野球:日刊スポーツ

さらば、火の玉ストレート – 。 阪神藤川投手(40)が10日、巨人戦(甲子園)で引退試合に臨んだ。 9回に登板。 巨人のピンチ坂本から三振を奪うなど、12区直球勝負で1イニングを3者凡退に抑えた。 日米通算245セーブを記録した右腕が縦線に別れを告げた。

次は、藤川イベントの演説専門

は演説を開始したいです。

まず、今回の野球選手、藤川ため、このような素敵な舞台を準備した阪神の球団、そして矢野監督をはじめコーチ、選手、スタッフに感謝を申し上げると思います。

今日は阪神ファン、そして全国の野球ファン、そしてプロ野球界の先輩の皆さんに今日この日を迎えるまで、夢と希望を持って人生を肯定的に生きることができるの感謝を伝えたいと思いますです。

1999年阪神タイガースに入団して、同じドラフト1位は同級生西武ライオンズ松坂大輔、そしてジャイアンツの上原浩治氏がいました。 二人は1年で良い活躍をしていました。 二人を見て、失敗と失敗を繰り返し、自分とを比較すると、自分には無理だと普通ならあきらめてしまうことです。 しかし、私は今では勝負はついていなければ認められだけは絶対にありません。 当時周りでまぶしさを感じ、難しい単語を提起する場合も多かった。 しかし、いつでも常に必ず勝ちくれる、そんな思いできました。 そして2005年には、タイガース優勝することができました。 最高の思い出です。

その後、松坂と上原さんが大リーグに行って追いかけ、自分も大リーグに挑戦しました。 しかし、実際につらいだけ、孤独、また新人時代のようにうまくいかない日々が見つけ明日さえ…大丈夫です(笑)。 明日さえ見失いそうになっていました。 そんな時阪神タイガースに入団してから苦労した経験が私を救ってくれました。 私は負けてい…表紙与える….独立リーグで再び再起動して、自分の力を示すために、地元のコーチの子供、そして日本のプロ野球ファンたちをびっくりさせたいと思いました。 そこからトラに戻り、3年かけてやっと近くの位置に戻ることができました。

表紙くれる。 その際には、すでにそのような心は全くなく、それがあなたの叱咤(叱咤)激励と知って心から感謝感謝の気持ちでいっぱいでした。 私は、自分自身を頻繁に襲撃苦難に勝つことができました。

清原和博氏には、なかったら、今の私は存在しません。 私はここまで成長させてくれたのは請願さんとの競争、そして存在です。 数年前ですが、私も請願氏自身も難しいとき、お守りを伝えました。 「体を大切にしなさい。」 すごく力になりました。 清さんはとても優しい方です。 必ず挨拶を伝えて行くのでこれからもよろしくお願いします。

ライバル松坂大輔に。 必ず投げる姿を見せ、世界の人々を健康にします。 あなたのような姿が、今の日本には必要です。 私はあなたの1番応援団です。 目標にいてくれてありがとう。

その後、阪神ファンの皆さんにお礼をしてみましょう。 私投げる火の玉ストレートは甲子園球場の照明スタンドの応援団の皆さん、チームの考えは、全国タイガースファンの熱い心がすべて含まれています。 それあなたが知っている火の玉ストレート投げる方法です。 それは打たれたわけありません。 打者のバットに対応するはずありません。 私が言うのも変ですが、不思議な力が生じ、普段自分ではないのです。 野球選手、藤川というのは、あなたの心の塊だったのだと思います。 ファンの皆さんに私の存在が自慢だと言うなら、私にもファンの皆さんが自慢です。 その心を今後輩に一緒に送信し続けるましょう。 そしてタイガース史上最高の捕手として、私は世界で一番尊敬する矢野監督を日本の監督させてあげましょう。 選手とコーチの皆さん、これからよろしくお願いします。 もし、問題解決、いつでも呼んでください。 すぐにかかっています。

そして自分自身よりも、本当に一度も世界の皆さんに顔も見えず熱心にしてくれた家族にこの場を借りてメッセージを送ってください。 これまで多くの野球の忍耐をさせてきたが、いよいよ明日から夫として通常父親として家族のために何でもしてくれることができます。 長い間お待たせしました。 これから何をするときも、1度にすべてを優先します。 今までよりも笑顔が絶えない家族になりましょう。

そして父、母、名前を規定していただきありがとうございます。 野球をさせていただきありがとうございます。 やめておこうとしたときに何度も捕らえていただきありがとうございます。 2人の健康な間に報いる時間になりました。 これから少しずつ返済しましょう。

そして、この1ヶ月セントラルリーグの各チームの方々球場関係者の皆さん、こんななプレーヤーのためのイベントを準備してくださって、本当にありがとうございます。 明らかに多くの子供たちに夢と希望を続けたと思います。 夢をつなぐこれが私の現役最後の1ヶ月にしたかったのです。

それでは皆さん、野球選手、藤川と別れする時が来ました。 子供の頃から先生、今までのすべての友人、そして世界中の野球ファンの皆さん、皆さんのおかげで最高の良い野球人生を送ることができました。 長い声援本当にありがとうございました。

READ  村元哉中高橋大輔組RDとFDプログラム曲を発表 - フィギュア:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close