トップニュース

蘇藤本、計画された曲がった屋根で日本の臨時神社王冠

藤本宗、福岡に臨時会館設置

藤本宗 Architectsは福岡の太宰府天満宮神社のための臨時ホールを設計しました。 日本。 精子は今後3年間再建される本殿の前に立つことになります。 124年ぶりに重要文化財に指定された本殿を大々的に保守し、「臨時戦」に置き換えて訪問客を迎える。

新しいデザインは、建築空間と自然環境の間の完璧な共生を生み出す緑の屋根として定義されています。 曲がった屋根に「森」が現れ、ホールの内部と外部の境界を崩し、日本の有名建築家のデザインシグネチャーを盛り込んでいます。 2023年2月に着工し、本館リノベーションが完了するまでパビリオンを開放する予定だ。

すべての画像©Sou Fujimoto

藤本宗の殿堂が一時的に本殿を置き換える

太宰府天満宮は、学問、文化、芸術、誠実の神として広く崇拝されている菅原道の精神を祀った日本天満宮の総本社です。 日本国内だけでなく全世界で参拝客が多く、年間1,000万人に近い参拝客が参拝します。

太宰府天満宮では、25年ごとに菅原道千天(天神)と密接な関係がある数字25を記念する儀式が行われます。 「レイと9年(2027年)に菅原道一字サガー1125周期を迎えます。」 株式 チーム 太宰府天満宮から

本展とは異なり、訪問者はSou Fujimoto Architectsによって設計された一時的なパビリオンに入ることができます。 ここ) — 靴を脱がず。 また、高齢者や子供に配慮した斜面を設けて設計しました。 葬儀場の規模は現在の本堂と同じ規模で、参拝客に広い配置を提供する。

蘇藤本、計画された曲がった屋根で日本の臨時神社王冠

現在の本殿は約430年前に筑前藩主小林と高影が再建したものです。 本展がこのように長期間にわたって再建及び修理されるのは今回が初めてです。 「守り継承してきた伝統を未来に継承し、美しい姿を復活させるために毀損された部分を伝統技法で保守するが、建築士、歴史専門家を中心に専門家懇談会も開催する。 開戦及び保守と並行して調査・研究を行い、停電の歴史的価値と文化的意義を再評価します。

蘇藤本、計画された曲がった屋根で日本の臨時神社王冠

本堂リノベーションの予定完了は2026年頃と予想されます。

「私たちは熊本駅の前に「洞窟」を建設し、訪れるすべての人を歓迎します。 展示されてから3年しか経っていないので、天神様とすべての訪問者が満足できる場所になってほしいです。 周囲の景観と調和して伝統を継承し、将来的につながるように設計されています。

藤本宗、曲がった屋根を植えた日本の臨時神社王冠

1990年に本堂は片栗の樹皮で屋根を新しく打ち、漆塗りをした。

プロジェクト情報:

名前: 一時ホール 太宰府天満宮神社

建築家: 曽藤藤本建築家 | おめでとうございます

場所: 福岡、日本

クリスティーナ・ペトリドゥ 私はデザインブーム

2022年11月22日

READ  マクドナルドが日本で新牛肉シチューパイを発売

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close