経済

蚊に航空自衛隊「F-2B戦闘機」がデモ飛行半島の代表は、「ドリフトじゃない」と – Car Watch

2期編隊でツインリンクもてぎの上空を飛行、航空自衛隊「F-2B戦闘機 “機体記号23-8113と33-8119松島基地から飛んでき

SUPER GT第6戦蚊の決勝日に相当する11月8日決勝レース直前の開幕式航空自衛隊松島基地第4航空団第21飛行隊所属の「F-2B戦闘機 “歓迎飛行を実施した。 この歓迎飛行は例年実施されているもので、2020年SUPER GTを運営するGTアソシエションの要求に航空自衛隊が対応することで、実現したイベントである。

2020年のオープニングセレモニーに出席した機体は、機体記号23-8113(113号機)と33-8119(119号機)の2機。 宮城県の松島基地で栃木県のツインリンクもてぎで飛ん回路上空をフライパスし旋回飛行をするなどの起動飛行を実施した。 サーキットを訪れた観客に迫力ある飛行を披露した。

ある意味例年通りとも言えるデモ飛行となるが、2020年には、特別なデモ飛行があった。

航空自衛隊は、地域振興と自衛隊広報の観点から例年自衛隊基地を数日開放してデモ飛行などが伴う場合もある「航空まつり」や「基地第」を実施している。2020年にも多くの航空会社の祭りの開催が予定されていたが、3月以降、コロナ災害が拡大する中で、年内にすべての航空祭が中止されている。

基地で訓練を除いて、2020年度に航空自衛隊が一般観客の前で飛行をしたのは5月29日にブルーインパルスが東京上空での医療従事者など敬意と感謝を表示するために行ったものが。 そういう意味でツインリンクもてぎことも入場者数を制限していたとはいえ、当日訪れた観客には貴重な機会であったことになる。

突然減圧によって生じるベイパーを主翼に出しながら飛行するF-2B。 F-2やF-16は、ブレンデッドウィングからかベイパーを見ることができ、多くの気がする。激しい機動飛行をしている理由の現状

ここでは、翼の正面図をよく知っているカット

これらの飛行を実現することができた背景には、例年GTアソシエエイションガ適切な関係を構築してきたうえ、ツインリンクガジルワ松島基地の特別な関係もあるだろう。 ツインリンクもてぎは、2003年にインディジャパン初開催時松島基地にデモ飛行を依頼した。 今年はブルーインパルスが参加している。

その後もMotoGPとインディジャパンなどのビッグイベント時松島基地と茨城県の百里基地デモ飛行を依頼した。 松島基地のF-2やF-2B、百里基地F-4EJとT-4などが飛行をしてきた。 また、ツインリンクもてぎは北関東に位置するため、東北地方にも誘致地域で見ており、毎年夏に開催される松島基地航空祭で蚊天使が秋のイベント行事に参加できるなど、多方面での交流が行われていた。

インディジャパンは、2011年を最後に開催されたとっくにいなくなって、この最後の年は、ツインリンクもてぎオーバルコースである「スーパースピードウェイ」が東日本大震災により被害。 ロードコースを使用して行われた覚えている人もいるだろう。 インディジャパン昨年歓迎飛行百里基地F-4EJにより実施されたが、松島基地で歓迎飛行していなかったのは松島基地が東日本大震災により甚大な被害を受けて復興開発にいたから。

ちなみに、今回のデモ飛行をした119号機は、東日本大震災で津波被害を受けた機体後三菱重工業とIHIによって回復が行われ、復活した機体である。

インディジャパン300マイル決勝レポート(2010年9月19日決勝開催)

https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/395474.html

日本での最後の開催された「インディジャパンファイナル」(2011年9月18日決勝開催)

https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/479185.html

アフターバーナーを使用した高G旋回で「漂流じゃない」と半島の代表

アフターバーナーを使用した高G旋回を披露するF-2B。 搭載エンジンはIHIは、GEのライセンスを受けて生産する「F110-IHI-129B」

2機のF-2Bによるデモ飛行はGTアソシエバリエーションブリーフィング後の時間に実施した。 11時15分ごろから始まった。

113号機と119号機の2機のF-2Bは、グランドスタンドと向き合う会場正面から進入。 初飛行は座禅会から始まった。 歓迎フライトの後会場アナウンサーのピエール北川氏から紹介を受けていたが、グランドスタンドの屋根に航空自衛隊の従業員によって、無線基地局を開設。 この基地局ショーセンター(煙の中心位置)に進入したようだった。

その後、最終コーナー方向から進入して、360度の水平回転をするなど、ツインリンクもてぎ上空で華麗飛行を実施した。 特に360度旋回時には、F-2Bに搭載されるエンジン「F110-IHI-129B」でアフターバーナー炎が美しく見せてターボファンエンジンのような若干低い轟音を出しながら、軍隊の勢いを超えるパワーで高いG旋回を行っていた。

このF-2B歓迎飛行時の飛行を要求をしたGTアソシエバリエーション代表取締役半島正明さんもブリーフィングを終えピットデビル屋上に上がってデモを見学。 高いG旋回時には、F-2Bテールスライドしながら旋回しているので、「ドリフトじゃない!」と楽しく飛行に陥っていた。

「ドリフトじゃない!」と楽しく飛行を見て半島代表

グランドスタンド屋上に設置された臨時基地局。ここでは、ショーセンターがあった

基地局に向けてピットデビル屋上で挨拶するGTAのスタッフ。左が半島の代表

半島の代表は、グランドスタッフ屋上航空自衛隊臨時基地局職員が紹介されたときは、ピットビルの屋上で大きく手を振って挨拶した。 自分が航空自衛隊や防衛省に要求した飛行機が無事に終わって、次の作品に向けて行った。

コロナ災害によって航空祭が行われていなかった2020年の観客が戻ってきているサーキットの上空元気のように飛んでいた2機のF-2Bは非常に印象的なものだった。

秋晴れの空の下ホテルツインリンク上空を緩和旋回する2機のF-2B

【お詫びと訂正】記事初出時ツインリンクもてぎの位置表記に誤りがありましたお詫びして訂正させていただきます[사과와정정】기사초출시트윈링크가질의위치표기에오류가있었습니다사과해정정하겠습니다

READ  auスマートフォン、今後の新機種は、「すべての5G対応」に - 菅政権の料金引き下げ要請に危機感も - CNET Japan

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close