理科

蛾のアンテナを移植したドローン “スメリーコプター」の化学物質を務め逃さない| TechCrunch Japan


自然を越えようとしても、それだけの価値がないこともある。 そんな判断を下したのは、ワシントン大学の技術者である。 彼らは蛾のアンテナのように繊細な化学センサーがないことを嘆いて、新しい人間の技術を発明するよりも蛾の生態を流用することを選択した。 見よ! 「Smellicopter(スメリーコプター)」である。

衝突回避やその他のロジックが含まれている小さなドローンプラットフォームに搭載されたこの装置は、人工と自然の創造性が結合された非常に有望なプロトタイプである。

「自然は、私たち人間が作った匂いセンサ等てしまいます」とスメリーコプター説明論文の筆頭著者であるワシントン大学大学院生Melanie Anderson(メラニー・アンダーソン)氏は、大学プレスに認めている。

多くの産業用アプリケーションでは何よりも重要なのは感度である。 例えば、毒性粒子を他のセンサから検出することができ濃度のごく一部分の濃度で検出することができるセンサーがあった場合は、2つのセンサーのうち、より感度の高い方を使用することは当然のことである。

一方、有毒ガスの煙に向かって飛んで、その結果を報告することができるよう蛾を訓練することは容易なことではない。 だからチームは、一般的なスズメがアンテナ(慎重に)除去、それに基づい上に搭載された。 これ弱電流を流すことで、このプラットフォームは、特定の化学物質にさらされると、変化する蛾のアンテナの全体的な状態を監視することができる。 例えば蛾追ったいこと、花の香りなどである。

動画をご覧いただきたい。

テストでは、このサイバネティックモス機械構造(モス蛾)は、従来の同様のサイズとパワー・センサよりも優れた性能を発揮した。 アンテナの細胞は、その上を漂う粒子の化学物質に反応して刺激して高速で信頼性のある正確な信号を生成した。 これらの感度を「再プログラム」することは簡単なことではありませんが、まったく不可能ということもないだろう。

この小さな無人航空機の本体にアンテナを風に向かって置くための巧妙なエンジニアリングがされている。 おそらく圧力センサとジャイロを使用すると、無人偵察機を正しい方向に維持することが可能である。 しかし、チームは一組の大きく軽いピンを無人航空機の後方に設置する簡単な方法を採用した。 これは風向計のように働いてドローンを自動的に風に向ける。 良い匂いが漂ってきたらそっちに向かっていくというものである。

これはまだ完全にプロトタイプに過ぎないが、このような単純な感度は重工業と軍などの潜在的な顧客に十分に魅力的であることを疑うので、チームにすぐに提案が来るだろう。 スメリーコプターデザインについて書いた論文は、IOP出版学術誌「Bioinspiration&Biomimetics(バイオインスパイア&バイオミメコスメティックス)」から読み取ることができる。

カテゴリー:ドローン
タグ:ワシントン大学

画像提供:Mark Stone / UW

[原文に]

(翻訳:TechCrunch Japan)

READ  満月と皆既月食2021年5月:視聴時期と方法

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close