血圧が少し高くても血管疾患のリスクが高くなる

1 min read

血圧がやや高い人も正常血圧を持つ人に比べて脳卒中、心不全などの脳・心血管疾患にかかる確率が2倍も高いという日本の研究結果が出た。

横浜市立大学の研究チームは、先月の研究結果を発表し、血圧が高いほど、これらの病気にかかるリスクが高くなると明らかにしました。

研究チームを率いた桑原慶介大学副教授は「少し高血圧段階から病気発症リスクに対処する必要がある」と話した。

研究チームは2010~2011年の職場定期検診を受け、当時高血圧治療を受けていない20~64歳の職場である8万1876人を対象にアンケート調査を実施した。 血圧と病気の発症との関係を調べるために、最大9年間後続調査を実施しました。

調査期間中、334人に脳・心臓血管疾患が発生した。

このうち55人は最高血圧値である収縮期血圧値が120~129mmHgであり、最低血圧値である拡張期血圧値が低い、いわゆる固定相血圧群に属した。 80mmHg以上。

このグループに属する人々は、最初の数字が120mmHg未満で、2番目の数字が80mmHg未満の正常血圧グループと比較して、脳および心臓血管疾患の発症リスクが1.98倍高かった。

血圧が130~139mmHg、80~89mmHgの高血圧群では危険度が2.10倍高く、140mmHg、90mmHg以上の1~3期高血圧群では3.48~7.81倍高かった。

日本高血圧学会によると、国内高血圧患者は4300万人と推定される。 この状態を治療しないと、動脈硬化症が進行し、脳卒中、心臓および腎臓病のリスクが増加します。

READ  ハッブル、雄大な大螺旋銀河の正面を捉える
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours