理科

衝突回避の生命の神秘…米版毎欲ミッション| ナショナルジオ| NIKKEI STYLE

ナショナルジオグラフィック日本版
NASAの小惑星探査機「オシリスレックス」は、自動車数台の駐車スペース程度(直径約8メートル)しかない極めて狭い場所を狙って着地サンプルを採取した(IMAGE FROM VIDEO BY NASA / GODDARD / CI LAB)

太陽系の中で回転し続けること10億年。 フレームのような形の小惑星「ベンヌ」に、最終的に米航空宇宙局(NASA)の探査船「オシリスレックス」が到達タッチダウン(着地)を成功させた。 計画通りならプローブは、数秒で小惑星の表面から岩石やほこり(ちり)を採取し、すぐにその場を離れたのだ。

実際にサンプルを採取することができたかどうかを確認するには、数日かかるが、探査機が目標地点から76センチメートル以内に着地したのは知っている。

十分な量のサンプルを採取することができていれば、オシリスレックスは2021年3月にベンヌウル離れ、2年半に渡って地球に戻ってくる予定されている。 その後、サンプルを積んだカプセルを発射してパラシュートを開いて、米国ユタ州の砂漠に降下する。

オシリスレックスはベンヌの歴史についての豊富な情報をもたらすものと期待されている。 また、地球上に存在する水と生命の起源についても理解を深めかもしれない。

NASAの惑星科学部門の責任者ロリグレイ氏は、20年10月19日のプレスリリースでは、次のように語った。 「小惑星は宇宙を漂うタイムカプセルのようなものです。太陽系の誕生の記録を隠しかもしれません。また、私たちの地球を含む惑星がどのように誕生したのかについての貴重な情報をもたらすものと期待しています “

しかし、その中には、生命を脅かすおそれのある小惑星も存在する。 ベンヌードその中の一つだ。 NASAの予測によると、ベンヌ2100年代後半に2700分の1の確率で地球に衝突する可能性があるという。 今から数十年後、詳細な計算によって衝突が保証されると、オシリスレックスのデータを使用してベンヌの動きを監視して、軌道を修正して、衝突を回避することができる可能性もある。

「ナイチンゲール」と呼ばれるサンプル採取地点に無事到達するためには、表面の障害物を導く必要があった。 緑色の部分は、危険性がない場所。 探査機が「注意(黄色)」または「危険(赤)」の地域に着地ところ後下降を停止し、別の日に再度挑戦することになった(ILLUSTRATIONS BY NASA / GODDARD / UNIVERSITY OF ARIZONA)

古代世界旅行

ここまで来て、16年という長い道のりがあった。

ベンヌ探査計画が初めて提起されたのは、2004年の公式探査対象に選ばれたのは11年5月のことだった。 しかし、わずか数ヶ月後、米国アリゾナ大学の惑星科学者オシリスレックスチームのリーダーだったマイク・ドレイク氏が長年の闘病の末に死亡した。 以後、アリゾナ大学の惑星科学者ダンテにレッタ氏がドレイク氏の役割を代わりにすることになった。

プローブは、16年9月8日に発射され、数千万キロを飛行した後、18年12月にベンカイコ到着した。 ベンヌウンプローブは、軌道天体では、過去最低の平均直径は、520メートルにも満たない。 「残骸の山」がかすか重力だけで何とか形を維持している状態だ。 そんな環境では、非常に少ない力でもだけでプローブの軌道がずれてしまう。

したがってオシリスレックスチームはプローブの動きを驚くほど詳細モデルと軌道を確認し、頻繁に修正を加えた。 そうでなければ、軌道の誤差は瞬く間に大きくなってプローブの正確な位置を知ることができなくなっていただろう。

READ  新型コロナ]米国の4つの州での新規感染最多フランスの最初の4万人を突破 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close