トップニュース

衰退する日本では見られない改革

著者:ANU編集委員会

日本は衰退して高齢化している。 昨年、人口は618,000人減少し、日本社会は65歳以上の人口のほぼ30%で世界最高齢社会です。 15年後にはその割合が3分の1になります。 100歳の高齢者は80,000人で、その数は増え続けています。

日本の長寿と低出産が続くにつれて、生産可能年齢の各人は社会でより多くの支援をしなければなりません。 このような浮上率の増加は、生産性の増加が人口の生活水準を維持するためにはるかに重要になることを意味します。

例えば、日本社会は、GDPの270%に達する膨大な政府負債でその課題に直面しています。 たとえば、米国の137%、オーストラリアの48%と比較すると、過去最高の記録です。 日本の「シルバー民主主義」により、政府の負債が増え続け、医療、高齢者療養、年金費用の上昇を減らすことは難しい。 国防費の支出は増加しており、政府の負債を削る計画はありません。

コロナ19以前、日本は徐々に移民のロック解除を開始しました。 日本が国境を開放すれば再開されても、あまり差がないだろう。

日本で生活水準を維持することは、急激な生産性の増加にかかっています。

世紀の転換期以後1年以上執権した両首相(小泉純一郎と安倍晋三)は改革においてある程度進展を遂げたが、改革に疲れた社会は進展に限界があった。 2000年代初頭、小泉氏の民営化と規制緩和以後、2段階は退任後1段階後に会った。

安倍首相の野心的なアベノミックス改革パッケージは、生産性を高めることができた構造的または供給側の改革を引き起こすことに失敗しました。 代わりに発射された矢は、政府がより多くの支出をし、日本銀行が経済を現金であふれるようにするより簡単な需要側面政策でした。 企業支配構造の改革、保護農業の漸進的な自由化、女性労働力参加率の向上などで一部進展がありましたが、すべて非常に低い基盤で行われました。

今年初めに公開された「ポピュリズム」岸田文夫首相と彼の「新資本主義」について調べてみよう。

今週の主なエッセイの最初の部分でリチャード・カッツが主張したように、キシダが生産したのは「成長と分配の好循環」を達成することに関する「調査が最も多かったが、それを達成するための実質的な措置には非常に弱かった」と述べた。 成長促進目標を強化するための措置も同様に脆弱です。」

政治的妥協のため、岸田は「安倍のような前任者たちが提示した失敗した措置を再湯すること」だけが残りました。 改革者たちは2週間後に予定された参議院選挙まで待たなければならないと聞きました。 また、観光客に日本を再開するための広く知られたスケジュールでもあります。 北田の人気は、日本の国境を閉鎖し、慎重な心を落ち着かせ、高齢の有権者を避けるリスクを負っているという点で依然として高い。

良いニュースは、デジタル化で日本がはるかに遅れているということです。 Naohiro Yashiroは、今週の2番目の特集で、「急速に減少する生産可能人口による労働力不足を克服するためには、デジタル経済をよりよく活用する必要がある」と説明しています。 デジタル化は生産性の成長を支えるでしょう。 幸いなことに、ヤシロは「デジタル改革のための勢いは最近のリーダーシップ移行から生き残った」と主張しています。 しかし、「成功のデジタル化は、デジタル社会を構築するために日本人を説得するKishidaの強力なリーダーシップにかかっています。」努力はここで終わることができます。

伝統的に穏健で自由主義的な外交政策をとってきた執権自民党の高知会堂出身の岸田議員は、安倍首相と菅吉秀元元首相が始めた中国との協力を通じて日本経済を強化する傾向を続けています。 名前が不明確な新しい「経済安全保障」法は、国家安全保障を経済より優先し、補完財ではなく代替材料として扱います。

高橋智也氏が第三の特集で説明したように、新法は「日本企業が外国企業との取引に国家政府が介入できるようにする」というサプライチェーン、基本インフラ、先進技術、敏感な技術に関する特許公開全般にまたがっています。 高橋氏は「新たな安全保障政策が日本の安全保障と事業に不確実な影響を与える」と主張している。 この「経済的安全保障」措置は、日本政府が非常に政治的な方法で韓国に対する輸出管理を展開した2019年に始まりました。

COVID-19のロックによるサプライチェーンの中断に対応して、日本政府は2020年に「輸入中断のリスクに備えて、ハイテク製品の「オンショア」または日本国内の生産施設の配置を奨励するために補助金を使用しました。 陸上生産に23億ドル、東南アジアと南アジアにサプライチェーンを拡大するために2億2000万ドルを支援した。中国出口‘ メディアの補助金。 企業福祉はすでに企業がより低い賃金を求めて中国から生産施設を移転するのに役立っており、その年、日本がより高い付加価値を創出するために中国に投資した120億ドルにもかかわらず飛んでいます。

日本はまだ赤裸々な保護貿易主義を受け入れていないが、「経済的安全保障」や「新資本主義」政策と高価な産業政策を区別することは難しい。 そして野心的な貿易政策の兆候はありません。 世界経済が大流行による景気後退から回復することを願って、世界3位の経済大国である日本は、世界市場を開放し、多国間を損なう米中戦略的競争を避ける上で重要な役割を果たすことができます。 しかし先週、画期的なジュネーブパッケージを生み出したWTO会議で、他の120人の長官たちと一緒に日本長官は一人もいなかった。

必要なのは、国内改革の緊急課題を防御的ではなく先制的な貿易、外交政策、外交と結び付けることです。 日本は国家優勝者を選ぶことを前提とした補助金と産業政策を余裕がない。 経済が大きな中国経済から後退しなければ、経済改革はより容易になるだろう。 木田が参議院の選挙後に政治的資本を育てることができ、それをどのように使用するかを知ってほしい。

EAF編集委員会はオーストラリア国立大学アジア太平洋大学Crawford School of Public Policyに位置しています。

READ  日本の半分は反対にもかかわらず、オリンピックが続くだろうと考えている。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close