トップニュース

裁判所、中国と日本の中間検討溶接管着手

この中間レビューの目的は、結果が変更の有無にかかわらず、継続するか、すなわち、要求された製品を除くが承認するかどうかを決定することです。 裁判所は、タイムリーに命令を下すことです。

裁判所は、財務長官を通じて議会に報告する独立した準司法機関です。 ダンピングと補助金収入、保護苦情、連邦政府調達への不満、関税控訴と消費税判決の事例を聞きました。 連邦政府の要請に応じて、裁判所は、他の経済、貿易と関税の問題にもアドバイスを提供しています。

READ  ThinkMarkets、日本のFX市場進出許可

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close