技術

製薬産業の復活:「薬物発見の遅れの始まり」

シリーズ第二

「私が論文を発表したとき、誰も私に電話をかけていませんでしたが、私はメッセンジャーRNA(mRNA)が優れた医学的治療法になると信じていました」

これは4月15日、東京でペンシルベニア大学の特別赴任教授であるKatalin Karikoの言葉です。 彼女は社会に大きく貢献した科学者に与えられる日本賞受賞者記者会見に出席していました。

Karikoは、COVID-19感染症の間に初めて使用され、急速に選択されたグローバルワクチンとなったmRNAワクチンの創始者です。

ワクチンは、ウイルスが広めるために使用する遺伝情報を含むmRNAで作られており、体内でこれらのウイルスタンパク質を生成します。 これにより抗体が誘導され、免疫が形成される。

他の形態のワクチンと比較して人工合成が容易であり、短期間で大量生産が可能である。 また、症状の緩和にも効果があることがわかりました。

セキュリティを提供

ワクチン開発の主役はドイツのBioNTechとアメリカのModernaでした。 米国ファイザー社と共同でワクチンを開発したバイオエンテックは2008年に設立された。 モザーナは2010年に設立された。

つまり、どちらの会社も技術的に優れた「Z世代」の一部と見なすことができます。 Kariko博士はBioNTechの上級副社長でもあります。

癌および心不全を治療するためにmRNAワクチンを使用する研究も急速に進行している。 この技術は医学界に革命を起こしており、カリコ博士は強力なノーベル賞の候補です。

その中心にはZ世代製薬会社がある。

人工的に産生されたmRNAは、免疫系が体内に入ると深刻な炎症効果を引き起こす可能性があり、これは長い間臨床使用の障壁でした。 Karikoと他の人々は、構造へのわずかな修正が免疫系からの攻撃を避けることができることを発見し、2005年の論文にその発見を発表しました。 しかし、当初はほとんど興味を持っていませんでした。

状況は2010年代以降変わった。 mRNAを脂質カプセルに入れて細胞に運搬する技術が確立され、効率が大幅に向上した。

ModernaとBioNTechは研究開発の努力を加速し、その原動力は政府の資金援助でした。 基本原則は「ファンデミックに対する対応策は国家の安全保障そのものを提供すること」という危機意識でした。

倫理的義務感のある科学

感染症に対するワクチンの開発は収益性がないと言われています。 大規模な投資後も病気の拡散が止まると需要はなくなる。 収益が出ないリスクもあります。 このため、民間企業の努力とともに政府の支援が重要だ。

米国防総省などの支援で成長したモデナは、2013年から2016年まで米国政府から米ドル1億ドル(約130億円)の資金を支援された。 これに比べて日本庁が割り当てた予算は、2015年から5年間、全「新興および再出現伝染病管理プロジェクト」に対する医療研究開発(AMED)に対する年間費用は41億円から66億円(3千万ドルから4千800万ドル)です。 。

「これは利益を追求するものではありません。 私たちは倫理的義務に基づいてmRNAワクチンを開発しました」とKariko博士は言います。

近視眼的な働きで日本は逃した

2010年代半ばに日本は実際に独自のmRNAワクチンも開発していました。 当時、国立研究所に在職していた石井健博士(現東京大学医科大学教授)が第一三共と共に進行した公開プロジェクトだった。 石井博士はカリコ博士の2005年論文の審判でもありました。

「当時、モザナとバイオエンテックは莫大な資金を集め、最も優れた研究者を高い年俸に引き寄せていました。 これに比べて日本ではワクチンが「古い事業」とされ、気候が革新に役立たなかった」と話した。

しかし韓国は2015年、石井博士が韓国で流行する中東呼吸器症候群(MERS)に対応してワクチンの重要性を主張しながら行動し始めた。

したがって、日本政府は2016年に3,600万円(262,000ドル)、2018年に6,000万円(436,000ドル)を割り当てました。 研究は有望であり、動物実験を通して良いデータを得た。

しかし、臨床試験準備費用をカバーするために4億円(米ドル300万ドル)の予算が要請されたとき、1,000万円(米ドル73,000ドル)に縮小されました。 「メルス落ち着いたのに民間企業に聞いてみてはいかが?」 担当者が断固として答えた。

石井博士は不満を感じ、「新しい技術に投資しましたが、日本ではこれらの勇気と勇気がなくなりました。

「人的資本開発が緊急の課題」

コロナ19は、2019年12月に中国武漢で最初の患者が発生した後、急速に広がり、世界がファンデミック(世界的な大流行)に包まれました。

米国は「Operation Warp Speed」を開始し、ワクチン開発に約100億ドル(約1兆3000億円)を投資しました。 Modernaと他の企業がこの資金を受け取りました。

会社とバイオエンテックファイザーは、ファンデミック以前の期間に蓄積された研究を活用し、発症から1年でワクチンの緊急承認を受けました。

日本でも大一三京がmRAワクチン開発に着手し、海外の他のグループと同時に計画を完了しました。 しかし、これを実際に適用できるノウハウが不足し、社会に出す基盤もなかった。

結局、日本は国民を保護するために外国産ワクチンに頼らなければならなかった。

「コロナ19ファンデミックは、100年に一度だけのレベルのパラダイム転換を引き起こしました。 人的資本を育成し確保するためのシステムを開発することが緊急の課題です。」 彼は付け加えた:

「産業の基本に基づいて、企業、政府、学界が世界中で利用可能なものを生産できるように、堅牢な基盤を構築する必要があります。 今この絶好の機会だ」

日本が医薬品革新国の席を取り戻せるか? このシリーズは、ワクチンのレンズを通して将来の課題と経路を探求します。

次条:ワクチンとその開発に対する不信

関連:

(日本語記事を読む このリンクから.)

著者:産経新聞

READ  Halo Infiniteで「Winter Contingency」Armorコーティングを得る方法

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close