製造革新により、患者は画期的な幹細胞治療に迅速にアクセスできます。

1 min read

革新的な自動化と機械学習により、生命を救う可能性のある幹細胞を安全に製造することで、患者は将来的に幹細胞治療に迅速にアクセスできるようになります。

今日の専門家とUKSCBの同窓会は、医薬品および医療製品規制機関のSouth Mimms研究所で特別なイベントのために会い、研究および臨床分野で革新を支援してきた20年を祝い、最先端の治療法の未来を模索しています。

ヒト胚性幹細胞は、病気や病気の後に人体の一部を修復し再生するのに役立つ可能性があります。 失明、血液癌、心臓病などの広範な病気に適用できます。

UKSCBは、医療研究委員会(MRC)、バイオテクノロジーおよび生物科学研究委員会(BBSRC)および国立衛生研究所(NIHR)の国家パートナーの支援を受けて、30の幹細胞を通して世界最高の研究のための高品質幹細胞を提供します。 臨床適用が可能なラインです。 これにより、UKSCBは世界最大の臨床グレードのヒト胚性幹細胞の供給源となりました。

世界中で、UKSCBは研究および臨床応用のために25カ国に幹細胞を供給しており、2022年に要求された幹細胞株の54%が臨床グレードであり、これは年々増加しています。

イギリスの幹細胞銀行長であるLee Carpenter博士は次のように述べています。

「幹細胞治療剤は労働集約的で費用がかかるため、製造が困難で患者に役立つ可用性が限られています。

「イギリスの幹細胞銀行の20周年を記念して、私たちは安全と品質基準を損なうことなく、実験室での幹細胞作業の受動的側面を軽減し、製造規模を拡大するために自動化を模索しています。

「これは最終的に、患者が自分の状態や病気を治療または予防するために、より費用対効果が高く安全な幹細胞療法に迅速にアクセスできることを意味します。」

MHRAの最高の科学と革新の責任者であるMarc Bailey博士は次のように述べています。

「これはサイエンスフィクションの内容ではありません。 MHRAのユニークな資産であるUCKSCBは、私たちが最も必要な人々に安全で効果的な治療法を提供できるように、常に最新の科学発展の最前線に立つことを意味します。

「パーキンソン病などの変性疾患を遅らせたり止めたりする薬が現実化している時期に、私たちの仕事は研究がさらに進化するのを助け、治療可能な細胞ベースの治療法の基礎をキュレーションして供給しています。 いつかこの病気も治療できるでしょう。

「UKSCBの未来は多様で興味深いです。私たちが管理している細胞と同様に、イギリスと世界中の研究と臨床発展を支援するための無限の可能性があります」

20年前、MHRAのUKSCBは、英国で産生されたすべてのヒト胚性幹細胞を管理および配布するために設立されました。

過去20年間、UKSCBは、英国だけでなく、世界中で遺伝子、組織、または細胞に基づいたヒト用医薬品である最先端の治療法の中心にあることで有名になりました。

これは、研究開発に使用される180を超える多様なヒト胚性幹細胞株を保有しており、それらの多くは患者の治療に使用できる主要なリポジトリとして世界的に認められています。

UKSCBは最近、幹細胞を培養するロボットを使用して、高度に熟練した専門家と比較して潜在的に生命を救うことができる治療法の製造に使用するために必要な基準を満たしていることを確認する試験を完了しました。

MHRA South Mimms研究所のCellQualiaインテリジェント細胞処理システムは、当時の日本を除いて世界で唯一開発されたシステムでした。 これは、幹細胞生産の自動化が可能であることを実証した成功した実験であり、現在の自動化と手動生産を比較する今後の研究では、他の自動化システムが検討されている。

編集者の注意

  1. UKSCBは、イギリスの幹細胞保管および規制リポジトリです。 UKSCBに関する追加情報を見つけることができます。 ここ

  2. 幹細胞株は全て単一のドナーの子孫であり、実験室で成長する細胞集団である。 適切な条件下では、幹細胞株の細胞は成長し続けるが、特殊な細胞に分化しない。 理想的には遺伝的欠陥はなく、引き続き拡張され、保管のために凍結したり、他の研究者と共有することができます。

  3. 再生医療としても知られている幹細胞由来の治療法は、幹細胞に由来する可能性のある特別な細胞、すなわちニューロン、心臓および免疫細胞を提供し、疾患、機能障害または損傷した組織の修復を促進する。

  4. 医薬品およびヘルスケア製品規制機関(MHRA)は、英国のすべての医薬品および医療機器が機能し、許容可能な安全性を確保することによって規制することを担当しています。 私たちのすべての仕事は、利点がリスクを正当化できるように、確実で事実に基づく判断によって支えられています。

  5. MHRAは保健社会福祉省の執行機関です。

  6. メディアのお問い合わせは[email protected]までお問い合わせいただくか、020 3080 7651までお電話ください。

READ  一連の大臣の変更により、日本首相が内閣改編を促すことができます。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours