西安地区のパレスチナ青年を扱ったドキュメンタリー、日本グランプリ受賞

Estimated read time 1 min read

イスラエル軍によって拘禁されたパレスチナの子供たちを扱ったドキュメンタリー映画が今年最高の日本賞を受賞しました。 賞は、優れた教育資料を作成した人に授与されます。

NHKが後援する第50回国際コンテストには、55の国と地域で391の作品が出品されました。 授賞式は木曜日に東京で行われました。

グランプリはイスラエル映画製作者が制作した「Two Kids a Day」に戻りました。 この映画は、毎年約700人のパレスチナの若者がイスラエルの兵士によって逮捕される西安地区の状況を説明しています。 これは1日平均2人の子供に適用されます。

このドキュメンタリーは、イスラエルの兵士たちに石を投げた疑いで長年拘禁されたパレスチナ人の話です。

これには尋問過程で撮影した映像と釈放後、彼らとのインタビュー、元イスラエル軍人たちのインタビューなどが含まれている。

映画の目的は、コミュニティ間の憎しみの循環がどのように形成されたかを探求することです。

資源不足の国・地域の制作企画部門では、モンゴル国営放送会社が企画したテレビシリーズ「マイホーム」が最優秀賞を受賞しました。

このシリーズは干ばつ、大雪など自然災害に焦点を当て、子供たちの警戒心を目覚める予定だ。
NHKは受賞作の一部を来月教育チャンネルを通じて放送する予定だ。

READ  フリッツカー受賞日本建築家磯崎、91歳で別税パートナーコンテンツ:アート、映画、テレビ
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours