技術

西日本で発見された初期印刷技術の背後にある日本発明家にトーマス・エジソンが送った手紙





トーマス・エジソンが日本発明家の堀井真二郎に送った100年前の手紙と封筒が2022年6月27日滋賀県東近江市で見られる。 (Mainichi/Shinji Ito)

東近江、滋賀 – 米国発明家トーマス・エジソン(Thomas Edison、1847-1931)の手紙が日本に登記機を普及した日本人の父親と息子の昔の家で発見されたと、西日本の都市が6月27日に発表した。





Shinjiro Horii Jr.は、滋賀県東近江市が提供するこの画像でご覧いただけます。

1922年、堀井信次郎(Shinjiro Horii Jr.、1875-1962)に送られた手紙で、エジソンは日本の発明者に彼の75歳の誕生日を祝ったことに感謝しました。 19世紀後半、堀井家はエジソンのプリンタメカニズムを参考にシンプルな印刷機を実用化しました。 市の関係者は、手紙の発見により、発明者の間に個人的な関連性があることが判明したと述べた。

堀井慎二で一家の家があった滋賀県東近江市の刀盤伝承館で21㎝×28㎝の大きさの板紙に貼った感謝の手紙と封筒が発見された。 去る10月に発見されたこの手紙は、1922年2月16日にトーマス・エジソンの研究室から送られた手紙だった。 「私の誕生日にこんなに親切に覚えていただきありがとうございます。おめでとうございます。あなたのお祝いメッセージと良い願いのために、あなたの礼儀に非常に感謝します。」 テキストの後にはエジソンの手書きの署名がありました。

東近江市政府の歴史文化振興課によると、1922年東京で発明家協会の提案でエジソンの75歳の誕生日を祝う会が開かれたそうです。 これをきっかけに学会会員だったシンジロジュニアが蓄電を送ったものと見られる。 この他にも、エジソンの家から送られた哀悼手紙3本とエジソンの書居1年に送った慰めの手紙と組の電報などメッセージのコピー4通も発見された。





1922年2月16日、トーマス・エジソンが堀井真二郎に送った手紙は、滋賀県東近江市政府から提供されたこのイメージで見ることができます。

Shinjiro Sr.(1856-1932)は、1893年にシカゴで開かれた世界コロンビア博覧会でステンシルを使用してコピーを生産するEdisonの印刷機に接し、翌年息子と共に日本初の登記機を開発しました。 登記は20世紀後半の昭和後期まで学校のワークシートと社会運動のせん断を印刷するために使用された画期的な印刷方式でした。

発見された手紙は7月2日と3日、ガリバン伝承館で公開される。 6月6日からは東近江市立加茂図書館などでも展示されます。 詳細は近江商人博物館0748-48-7101(日本語)にお問い合わせください。

(彦根地方局伊藤真司の日本語オリジナル)

READ  RE:WIRED 2021 視聴方法

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close