トップニュース

西日本時、6日前水道管の崩壊で停電解決

日本の西部和歌山市は土曜日6日前水路部分の崩壊に影響を受けた約6万世帯に水の供給を再開し始めたと述べた。

しかし、住民は不純物がある場合追って通知があるまで、水を飲まないように頼まれた。

写真は2021年10月9日、日本西部和歌山(Wakayama)の紀の川川(Kinokawa River)の上に崩れた水道管の足を示しています。 Wakayamaは同日部分崩壊に影響を受けた約60,000世帯に水の供給を再開し始めたました。 足。 (教徒)


関連の適用範囲:

西日本6万世帯、パイプ崩壊に停電


紀の川川を横切る500mを超える橋が崩れ、日曜日に2つの水道管が川に流れ込み、川の北の一部家具に水の供給が停止した。

和歌山に住む松下久美子さん(39)は、「水道水を失った後、私の人生の中で最も長い一週間だった」と述べた。

松下氏は「まだ水が少し変色していて不安ができるだけ早く家でお風呂をしたい」と語った。

市によると、この崩壊で約138,000人の住民が影響を受けました。

時は非常措置として、金曜日の夜近くの他の足に一時パイプのインストールを終えた。

橋を点検した結果、腐食が崩壊の原因に明らかになりました。

READ  JETRO、アメリカプレミアアクセラレータとのパートナーシップを締結

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close