トップニュース

西日本130万人が豪雨で避難命令



広島県三原市テヌータ東地区に大雨が降り注ぐ2021年7月8日の朝にデン粗鋼が氾濫する姿が見えます。 (毎日/淵ワキ直樹)



2021年7月8日、広島市のJR広島駅で一日中運行中断によりJR在来列車の改札口が閉鎖されたと思われます。 (毎日/根本カナ)

西日本で130万人を超える人々がこの地域では、特に与えク地域を襲った大雨のため、7月8日午前9時から避難命令を受けました。

このコマンドは、与えク、四国と近畿地域の7つの県の住民に影響を与えた。 7月8日の朝までの大雨は活発な季節降雨前線に起因しました。

豪雨が時速50mmを突破した広島県三原市では、テヌータ東地区の約2,574世帯、小泉地区862世帯、明神5丁目地区42世帯に居住するように命令を受けました。 避難。 当局は、住民の生活を保護することを促す5つのステップの緊急警報システムの最高警報を発令しました。

豪雨はまた、山陽新幹線新幹線路線の運行中断を含む公共交通機関に大きな被害をもたらしました。

(Mainichi)

READ  ソフトバンク非上場化協議再開 - 関係者 - Bloomberg

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close