エンターテインメント

見知らぬ土地で見知らぬ人を追う「地球最後まで」| ロブ・トーマス

「To The Ends of the Earth」は、Madison Museum of Contemporary ArtのSpotlight Cinemaシリーズの今週の映画です。 水曜日の午後7時から博物館のメンバーは、映画を見ることができる無料のリンクを登録することができ、他のすべてのメンバーは、配給会社を通じて映画を登録してレンタルすることができ、収益の一部は、博物館に渡されます。

TV番組のファンにはYokoが星のように見えるかもしれない、実際に彼女はプロデューサーとカメラ製作陣の慈悲ですべてのミッションをゲーム的に受け入れています。 地元の料理商人が彼女にご飯を提供するとき、彼女はカメラを見て笑顔を浮かべておいしいチャック必要があります(「とてもサクッ!」)。

ひどい場面でプロデューサーは彼女のライドを安全でない遊園地で続け乗る作りライドオペレータでさえも、彼女が永久的な脳損傷を受けることができると反対します。 しかし、Yokoは彼女が言ったようにします。 彼女はライドでよろけ吐いは、別のテイクのために戻ります。

おそらく彼女は店の後ろ発見したロープで囲まれた塩素の縁を育て乗務員が塩素を野生にエクスポート部分を撮影するように説得するのは当然のことです。 そこから私たちはゆっくりとYokoが彼女の人生のために選択の自由を得ることを表示します。 乗組員これらの言葉を素直についていく代わりに、彼女は自分自身を擁護します。 ウズベキスタンの見知らぬ人におびえ代わりに、彼女はそれを受け入れ、オーケストラの練習するオペラホールさまよう美しいシーンにつながる。

READ  南北戦争を背景にした最高の映画50編| おもてなし

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close