規模6.3の地震が日本西部を襲い、津波警報はない

1 min read

5月5日(ロイター) – 金曜日規模6.3の地震が日本西部石川県を襲ったが、地震以降津波警報は発令されなかったと当局が明らかにした。

松野博和官房長官は、政府が地震に対応し、首相が委員長を務める危機管理センターに災害対策本部を設置したと述べた。

彼は「石川県地震以来、建物と人命被害を確認している」とし「日本震度7度で震度6以上の地震が発生すれば、住民は注意を払わなければならない」と話した。 。

松野氏は、石川県に位置する志賀原子力発電所と、近隣の新潟県にある柏崎・茂原発電所で異常が報告されていないと述べた。

レポート: Eimi Yamamitsu 編集: Shri Navaratnam

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  6.1規模の地震が日本を襲ったが、まだ津波警報はありません。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours