トップニュース

規模7.1の地震が日本を揺るがし地滑りと停電を引き起こした。

2月13(UPI) – 土曜日規模7.1の地震が日本を揺るがし地滑りを起こし、全国的に数十万人の電源が切断されました。

地震は土曜日の夜、東京から北に約135マイル離れた福島の海岸で震源地を襲った。 によると、 気象庁。

それは強力な6を登録し、これ 地震の強さの尺度宮城南部と福島の中通り中部と浜通り沿岸地域では、人がギアのない立ったり動かないことが不可能であると機関は明らかにした。 東京で地震は規模で4を記録した。

福島県宮城県では、 いくつかの住民は 病院に運ばれたが重傷の初期のレポートはありませんでした。

NHK番組の映像 福島県の朝食高速道路の一部を膜地滑りで道路全体が閉鎖された。 警察は、負傷の報告がないと明らかにした。

加藤甲信政府のスポークスマンは、記者会見で、全国的に最小95万世帯が深夜まで停電したと述べた。

地震は、2011年3月11日、福島第1原子力発電所で津波と崩壊を触発した進歩9.0の地震の10周年になるし月もたたないうちに発生しました。 2011年の災害で、ほぼ16,000人が死亡して数十万人の被災者が発生しました。 現在障害が発生しフス徳島原子力発電所のオペレータは、土曜日の地震以来、異常が発見されなかったと述べた。

READ  SPACECOM、日本との関係強化

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close