規模7.3の地震が日本北部を強打して津波警報が発令された。

1 min read

山口まり

東京(AP) – 水曜日の夕方、日本北部の福島海岸で規模7.3の強力な地震が発生し、津波注意報が発令され、東京地域の200万軒以上の住宅が暗黒に落ちました。

この地域は、11年前に致命的な9.0規模の地震と津波で荒廃した日本北部の一部で、原子力発電所の崩壊を引き起こし、依然として一部を人が住むことができない場所にする莫大な放射線を吹き出しています。

太平洋津波警報センターは、日本の気象庁が低リスク警報を維持したが、もはや津波の脅威はないと述べた。 NHK国営テレビは、20センチメートル(8インチ)の津波波が東京から北東に約390キロメートル(242マイル)離れた石巻沖に到達したと伝えた。

NHKの映像によると、海岸線から西に約60km離れた福島市中央駅近くに、デパートビルの壊れた壁が地面に落ち、窓の破片が通りに散在していた。

2011年の惨事以来、冷却システムが故障した福島第1原子力発電所を運営する東京電機電力会社ホールディングスは、作業者が解体過程の現場で異常を発見できなかったと述べました。

日本の原子力規制当局は、福島第1原発5号機タービン建物で火災警報が鳴ったが、実際の火災はなかったと明らかにした。 福島ダイニにある4つの原子炉のうち2つにある使用後核燃料冷却プール用ウォーターポンプがしばらく中断されたが、後で再び稼働しました。 福島大二(Fukushima Daini)も退役を控えている。

日本の気象庁は、地震が夜11時36分に海底60km(36マイル)の深さで発生したと明らかにしました。

日本の航空自衛隊は、情報収集と被害評価のため、福島のすぐ南の茨城県北陸基地で戦闘機を派遣したと明らかにした。

NHKは、福島県板手町で火災、建物損傷、落石に対する報告があったと伝えた。 死傷者についてのニュースはなかった。

同社によると、東京を含む北東部の14の県で、TEPCOと他の電力会社である東北電機がサービスを提供する220万以上の住宅に電気が供給されていません。

岸田文夫首相は、水曜日の深夜からすぐに電力が回復するだろうと述べた。

地震は、建物が激しく揺れる東京を含む東日本の多くの地域を揺るがした。

東日本鉄道(株)は、安全点検のためにほとんどの列車運行を中断したと明らかにした。 一部の地域列車は後で運行を再開しました。

東北新幹線特急列車が地震で福島と宮城の間で部分的に脱線したが、人命被害はなかったと岸田は言った。

彼は記者たちに政府が被害の規模を評価しており、救助活動と救援活動に全力を尽くすことを約束したと述べた。

吉田さんはTwitterに「まず命を救う行動をとってください。

松野博和官房長官は、緊急電話が何度もあり、地域当局が被害を評価するために動揺していると述べた。

彼は「人命構造と人命構造に最善を尽くしている」と話した。

彼は、被災地の住民に、約1週間の間に可能な主な余震について特別な注意を払うように頼みました。

___

AP通信記者 Yuri Kageyamaがこの報告書に寄稿しました。

READ  コーチはアメリカの代替体操選手が6人の競争の選手と分離されてと言いました。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours