スポーツ

視力低下による日本の子供の眼の長さの増加:調査





(毎日)

日本教育部がデジタル機器の使用増加で小・中学生の視力が低下する中、近視と関連があるという小学生の眼の長さに対する調査結果を発表した。

文部科学省は6月23日、日本初の全国的な祝長調査結果を発表しました。 軸長は、目の角膜から網膜までの距離です。 軸の長さが長いほど近視傾向があるそうです。

今回の調査は2021年4月から6月まで全国26校の小・中学校に在学中の約7,400人の学生を対象に行われた。 学生が年齢が多いほど、軸の長さが長いことが分かった。

平均して、軸の長さは1年生の男子生徒の場合は22.96mm、女子生徒の場合は22.35mmと測定されています。 その数値は、6年生の男子学生の場合は24.22mm、女子学生の場合は23.75mmに増加しました。 中学校3年生の場合、男子学生は24.61mm、女子学生は24.18mmとなった。 対応する年齢層で最も長い軸長は28.8mmと測定された。

東京医科歯科大学眼科教授小野京子によると、40代以上を対象とした以前の調査で、この年齢の男性と女性の平均軸長はそれぞれ23.8mmと23.4mmだった。

彼女は「年をとるにつれて長さが長くなるが、最近の調査によると、小学生と中学生が私たちが想像したよりも長さが長くなっている」と話した。

教育省は最近、子供たちが学校でデジタル機器を使う機会が多くなり、子供たちの視力低下を予防できる方案を講じると明らかにしました。

(日本語オリジナル: Makoto Fukazu, Tokyo City News Department)

READ  「I Don't Feel Like It」 - PewDiePieは感情的な日本の動きの後のYouTubeのキャリアのための秘密の更新を提供します。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close