経済

観光・物流:経済活性化のための沖縄の最新計画

沖縄が日本に返還されてから半世紀後、沖縄県経済は、地域企業投資と観光を奨励するために設計された中央政府の資金を受けている主要インフラプロジェクトの恩恵を受けました。 しかし、地域の指導者たちは、県が今後10年間にわたってより経済的に自立できるように推進しており、縮小した米軍基地がこの目標を達成するのに役立つと信じています。

沖縄の日本支配50周年記念日である日曜日、沖縄県は岸田文夫(Kishida Fumio)首相に今後10年間の広範な経済計画を発表しました。 中央政府はこの計画を検討し、今月末に回答する予定だ。

この記事を見ることができませんか?

広告のブロックやセキュリティソフトウェアとの競合が原因である可能性があります。

追加してください Japantimes.co.jp そして ピアノ.io 許可されたサイトのリストに追加します。

これで問題が解決しない場合やホワイトリストにドメインを追加できない場合は、このサポートページをご覧ください。

ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  プーチン大統領のウクライナ戦争で新たな世界エネルギー秩序が浮上しています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close