スポーツ

角田裕毅最後尾から6位フィニッシュ」のレースに向けて積極的になることができる “/ FIA-F2 11ラウンド、バーレーンのレース1[F1-Gate.com]

ホンダF1の育成ドライバーである角田裕毅は最後尾からスタートしたFIA-F2 11ラウンド、バーレーン戦レース1で16台を抜いて6位にフィンシュ。 ランキング3位を守った。

FIA-F2選手権11ラウンド、バーレーンで開始された。 約2ヶ月の間隔を経て、シーズン最終盤を迎えている。 シリーズランキング3位の角田裕毅は予選最初の攻撃で回転機械が停止。 予選をクリアしていない端のレース1で最後尾からスタートした。

午後0時10分に包メイションラップがスタート。 気温27度、路面温度30度のコンディション。 開始から1つポジションを上げた角田裕毅はその後もユヨンルル通過1回目19回目に終えた。 速度の良い角裕毅タイヤを管理しながら、冷静にポジションを上げ、10周目には15回目まで上昇する。

レース中盤に入ると、最初にミディアムタイヤを選択したコンピュータが徐々にタイヤ交換のためにピットインし始めた。 角田裕毅ハードタイヤでスタートしウムプクルル最大限先に伸び作戦に取り組んで、18回目は2回目を走行。 20回目は、同じ戦略の最も遅いタイミングでピットイン、タイヤ交換を行った。

タイヤ交換を終えて、16回目にレースに戻ってきた角田裕毅は、高い速度を生かし続けて前の車を通過ポジションを上げる。 24回目は、3台を超え、11番目に上がった。 26回目は、現象の距離10番目に上がった。 レース終盤のペースを上回る角田裕毅の追撃は柔軟との差を詰め把握27回目、28回目、29回目相次い追い越しを決定ポジションを上げ、7番目となった。

そして最後のラップに5秒以上あった6番目の違いを埋め通過して6位に終わった。 角田裕毅21回目1分46秒316のベストタイムをマークして、これが入賞波ステストラップが貴重な2点を獲得した。 6位の点と一緒に10ポイントを加算シリーズランキング3位を守っている。

「タイヤ戦略は、様々な悩みましたが、最終的に10番目の後ろのマシンが中間が多いハードでハードが多ければ、中間に行くつもりで滑らかであれば、大変決定しました。姿を見ると、ほとんど滑らかであるため、ハードを選択した」とカク裕毅コメント。

「スタートは良くなかったが、ポジションは上げることができました。タイヤ交換もタイヤの維持がよくわからなかったので、10回目程度までの状況を見ながら、エンジニアと相談して、なるべく維持する方向に走りました」

「タイヤを中間に変えた後でも、速度はよくマシンも完成し、ポジションを上げることができました。マシンはよくピット作業もよくされたことが結果に大きく影響を与えているので、チームに感謝します」

「予選後に落ち込んでいたが、チームの激励もレースに向けて積極的になることがありました。レース2のことを考えて、8位が目標としたが、最後尾からスタートに正直すぎる難しいと思いました。それで6位という結果はうれしいですしチームも結果に報いることができたのかなと思います」

「レース2でよいペースを活用して、良い結果を出したいと思ったが、何が起こるかわからないので、気を引き締めて取り組みます」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1

READ  視聴:ラプターズと契約を結んだ後、渡辺ユタ州の日本での生活がどのように変わるのでしょう?

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close