スポーツ

解説者-円安に対処するための日本の通貨介入はどのような姿ですか?

木原玲香、枝本哲

TOKYO (Reuters) – 日本の政策立案者が円安の警告を拡大し、財務大臣は、ドルに対する円安が20年で最低水準に下がると、賃金上昇率が遅い状況で生活費を上げて経済に被害を与えると述べた. 。

通貨弱勢の確固たる支持者とされる日本銀行(BOJ)総裁黒田春彦も急激な円の下落が企業の事業計画の確立を困難にすることで経済に打撃を与えることができることを認めました。

鈴木俊一(Shunichi Suzuki)財務大臣は、今週ワシントンを訪問し、米国との通話について「密接にコミュニケーション」することを約束しました。 20の経済強国のグループ。

日本は口頭介入に加えて、過剰な円の下落を防ぐことができるいくつかのオプションがあります。 その中には外国為替市場に直接介入し、巨額の円を買うものがある。

以下は、円の購入介入がどのように機能するか、これらのことが起こる可能性と課題の詳細です。

日本はいつ円の購入介入を最後に行ったのですか?

輸出依存度の高い経済を考えると、日本は歴史的に円高を抑えることに集中し、円安には手を離さないアプローチを取った。

円貨枚数介入は非常に珍しい。 日本が通貨支援のために最後に介入したのは1998年で、当時アジア金融危機により円が急落し、この地域で急激な資本流出が発生しました。 その前に、東京は1991-1992年に円の下落に対応するために介入しました。

東京で円を買わなければならないのはなぜですか?

通貨介入は、費用がかかり、巨大なグローバル外国為替市場で価値に影響を及ぼす困難を考慮すると、簡単に失敗する可能性があります。

それが最後の手段と見なされる主な理由の1つであり、口頭介入が円の自由下落を防ぐことができない場合にのみ東京が承認します。 円下落率は、レベルだけでなく介入の有無や視点に関する当局の決定にも重要です。

サカキバラ元外交官はロイターとのインタビューで、円が1ドル130ドル下落すれば介入の引き金になることができると話した。

一部の政策立案者は、日本が一部の新興経済局で経験する急激な資本流出に類似した円、国内株式および債券の「三重」売りに直面する場合にのみ介入がオプションになると述べています。

どのように動作しますか?

日本が円の上昇を抑えるために介入すると、財務省は円を引き上げるための短期手形を発行し、市場で販売して日本の貨幣価値を弱めます。

円下落を防ぐための介入を行うには、当局は日本の外国為替保有庫を活用して円と交換して市場で販売しなければなりません。

どちらの場合も、財務大臣は最終介入命令を発行します。 日本の銀行が代理人として機能し、市場で注文を実行します。

課題は何ですか?

円の枚数の介入は円の売りよりも難しい。

ドル売り、円買い介入を行うためには、日本は円と交換して市場に販売できるドルのために外国為替保有庫を活用しなければなりません。

これは、日本が円を引き上げるために引き続き紙幣を発行できる円売り介入とは異なり、介入を継続できる期間に制限があることを意味します。

日本の外国為替保有高は1兆3560億ドルで、中国に続き2番目に多く、ほとんどがドルで構成されている。 豊富ですが、東京が入るたびに料金に影響を与えるために莫大な金額が必要な場合、規模が急速に減ることがあります。

通貨介入はまた、ドル/円に対して行われる場合、日本のG7相手国、特に米国の非公式同意が必要です。 極端な市場ボラティリティの場合を除いて、ワシントンは伝統的に通貨介入のアイデアに反対していたため、容易ではありません。

(木原レイカ、枝本テツシ記者、ナバラトナムスリー編集)

READ  ポーランド出馬予定脱北したベラルーシ陸上選手

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close