スポーツ

解説:オリンピックシャッフル、新しい指導者、スポーツニュース、主要ニュースに対する日本の逃した目標を強調

ニューヨーク(BLOOMBERG) – 日本でオリンピックシニアリーダー職が入り混じって、日本の不都合な真実が浮き彫りにされている。 長年女性のリーダーシップを支持する公開した声明を発表した後でも、まだ歩きに十分ではないようだ。

東京オリンピック組織委員会は、言葉をあまりしたという理由で、女性を非難した後、先週辞任した森喜朗(83歳)を代わりにするために、元の運動選手橋本セイコーを迎え入れた。 しかし、彼女はすでに内閣でオリンピック長官に働き、両性平等のポートフォリオを保有しています。 彼女は、最終的にその役割をやめ、新しい出撃が彼女の靴を満たすように強制しました。

菅義偉首相は、過去のオリンピック長官を歴任した床カータマ料を叩いた。

日本の女子大学の労働経済学を研究している大沢真知子教授は「怖い、8月主義者からオリンピックを救う女性を見つけるための大臣を蚕食する必要があるのは、日本の女性の低い地位について多くのことを物語っている」と述べた。

「彼らは森と彼の強力な支持者たちが注目した差別的な政策と態度のために、全体的に過小代表されています。 “

その数は部門によって異なるが、日本は全体的に、2003年に政府が2020年までにすべての分野で女性が管理職の30%を占めるようにすることを目的よりもはるかに劣っています。 今日では、高位職を引き受けた女性はほとんどありません。 開く。

政治は最も頑固に男性が支配する分野の一つであり、シュガー自分の自由民主党の女性が下院議員の10%未満を占め、彼の20代の内閣の2人だけ占めている。

民間部門は、いくつかの措置により、政府よりもはるかに偏向されています。 内閣府男女平等局によると、日本の上場企業取締役会では、女性は、2012年の1.6%から6.2%に過ぎなかった。

世界的に女性が取締役会の約20%を占めています。 香港の上場企業のうち13%を占めています。

日本の女性は、長時間労働文化を含む職業の発展に多くの障害に直面しており、家族がいる日本女性が幹部職を任せ困難である。 日本の男性は、他のOECD加盟国の男性よりも家事が少ないため、パートナーの負担が増加する場合があります。

より多くの女性を職場に誘引し、それらを維持しようとする努力は、ある程度の成功を収めました。 上層部を破る人は、ほとんどありませんが、より多くの人々が官僚制のキャリア軌道に進入しています。 より一般的に女性は子供を産んだ後、低賃金バイトで終了します。


日本が2021年2月18日、東京の首相官邸で東京オリンピックとパラリンピック多摩よ床カー多摩料を新たに任命した。 写真:EPA-EFE

1992年のバルセロナ五輪で柔道で銀メダルを獲得した溝口紀子は、2020年に組織委員会だけでなく、全国のスポーツ団体全体でより多くの女性をリーダーシップに占めることを促しました。 これは、最終的に、将来橋本のパイプラインを埋めることです。 またはMarukawas。

現在、日本女子体育大学のスポーツ科学の教授である溝口氏は「最近のオリンピックで女性は男性ほど活発であるが、経営に適切な数の女性がいると言うことができない」と述べた。

「男女平等はまだ進行中の作業です。」

READ  「生きる伝説」レブロン・ジェームズがレイカーズと契約を2年延長、20年目まで現役決定 - バスケットカウント| Basket Count

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close