理科

言葉と冷却のベストのためのオリンピック – ミスト:猛暑の中で開始される東京ゲーム

オリンピック馬のためのミストスプレーステーションと審判のための冷却のベストは、主催者側が東京2020ゲームのために発売したツールの一つです。

COVID-19危機の中で大会を開催しなければなら即時挑戦が、他のほとんどすべての懸念を無色にしたが、暑さは、長い心配の種でした。 東京の夏の気温は摂氏35度以上まで沸き上がることができます。 中村英正(Hidemasa Nakamura)東京2020大会の開催責任者は、日曜日の記者たちに「人間だけでなく、馬のための冷却ステーションがあるだろう」と述べた。 「ボランティアのために、塩キャンディ、錠剤、およびアイスクリームがあります。 “

主催者側は、マラソンと競馬場をよりクール北部都市札幌に移したが、専門家は運動選手とスタッフは、特に東京の暑さに慣れていないか、または屋外での長時間働く人々に熱中症の危険性があると警告しました。 気象庁大気環境と関係者であるだけ川本あき(Motoaki Takekawa)は梅雨が終わった後、気温が上昇し、熱中症の危険度高まるました。

大会は、全国の最高気温に合わせて7月23日から8月8日まで行われます。 救急医療の専門家たちは、熱中症とコロナウイルスの患者が、高温や脱水などの類似の症状を示すため、オリンピックの最初の対応者が熱中症とコロナウイルスの患者を簡単に混乱することができると警告しました。

東京の会社員滝沢悟(25)氏は、「外国人選手たちは、日本の暑さに慣れていない」と述べた。 重量挙げ競技場を担当する陽子大麦庄司(Shoji Yokobori)医療スタッフによると、競技場に常駐する医師は、追加の保護装置により熱にかかる危険性があります。

彼は個人用保護具は、熱に「負担」になったと述べた。 「PPEは非常に困難である。」と彼は言いました。 「熱中症がある場合があります。 “

(この話はDevdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  Glenmark Life Science、IPOのDRHP提出

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close