訓練中に日本海軍ヘリコプター2台墜落、1人死亡

Estimated read time 1 min read

東京(AP) — 乗組員8人を乗せた日本海軍ヘリコプター2台が夜間訓練中、東京南太平洋に墜落して1人が死亡し、日曜日救助隊員が行方不明者7人を捜索したと国防部長官が語った。

海上自衛隊のSH-60Kヘリコプター2台はそれぞれ4人の乗組員を燃やし、土曜日遅く東京から南に約600km離れた鳥島島の近くで連絡が切れたと木原みのる防衛像が記者たちに語りました。

墜落の原因はすぐには知られていませんが、関係者は2台のヘリコプターが水に衝突する前に衝突した可能性が高いと信じていると木原氏は言いました。

堺良海軍参謀総長は、衝突の原因が明らかになり、予防措置が取られるまでSH-60に関する訓練を中止すると述べた。

救助隊員たちは、飛行データ記録装置、各ヘリコプターのブレード、同じ地域にある2つのヘリコプターから出たと推定される破片を回収したが、これは2台のSH-60Kが互いに近く飛行しているという兆候だとキハラは語った。

行方不明の乗組員の捜索および救助活動は、日曜日の戦艦12隻と航空機7機を配置することによって拡大されました。 日本海岸警備隊パトロール船と飛行機も作戦に合流した。

ラム・エマヌエル州の日米大使は、自国の捜索と救助支援を提案した。

「私たちは友人であり、同盟国である日本と一緒に並ぶでしょう。 この困難な時期に、私の考えは乗組員と彼らの家族、友人と一緒にいる」と彼はソーシャルプラットフォームXに書いた。

Sikorskyによって開発され、Seahawksとして知られている双発エンジン、マルチミッションヘリコプターは、Mitsubishi Heavy Industriesによって日本で改装され生産されました。 彼らは夜間の潜水艦訓練を受けていたと木原は言った。 一人は午後10時38分に連絡が切れ、1分後自動的に非常信号を送った。

緊急検出送信機と呼ばれる1つの遭難信号だけが聞こえました。 ヘリコプターが同じ場所の近くにあるというもう1つの信号は、信号が同じ周波数を使用して区別できなかったためであるとKhiharaは言います。

ヘリコプター1台は長崎空軍基地所属で、もう1台は徳島県基地所属でした。 関係者たちは、土曜日の訓練にも参加した第三航空機のパイロットにインタビューしていると、木原氏は語った。

SH-60K航空機は通常、大潜戦のために駆逐艦に配置されていますが、捜索や救助などの使命にも使用されています。 日本は約70台の改造されたヘリコプターを保有しています。

土曜日の訓練には日本海軍だけが参加し、多国籍訓練の一部ではないと国防省関係者が語った。

日本はその下です 2022年のセキュリティ戦略、 日本はますます強くなる中国の軍事活動による脅威に対応するため、太平洋と東シナ海の日本南西部島で軍事力の増強と抑止力を強化してきました。 近年、日本は独自に広範な海軍訓練を実施したばかりでなく、同盟国である米国および他のパートナーと共同訓練を実施してきました。

日本海軍参謀総長は、土曜日の訓練は戦艦、潜水艦、シホークヘリコプターを含む定期訓練の一部だと述べました。 訓練中は、複数のヘリコプターが潜水艦を検出するためにソナを水中に降ろしながら一緒に旋回します。

2017年には、前世代シーホーク(Seahawk)である日本海軍SH-60Jが夜間訓練中に人のミスで墜落し、乗組員3人が死亡しました。 2021年7月、SH-60の2台が南奄美大島で軽度の衝突を受け、両者とも刃の損傷を受けたが怪我はしなかった。

2021年の衝突事故の後、海軍は航空機間の十分な距離を確保するために一連の予防措置を導入した。 堺は、すべての安全対策を適切に遵守した場合、土曜日の衝突は予防できたと述べた。

海軍によると、米国で2021年にカリフォルニアで訓練中にMH-60Sシーホーク(Seahawk)が致命的な墜落したのは、メンテナンス中に予期せぬ損傷による機械的故障によるものだったという。

日本での墜落事故も陸上自衛隊が創設されてから1年ぶりに起きた。 UH-60ブラックホーク墜落 宮古島南西海で「ロールバック」として知られるエンジン出力の問題により、乗組員10人が全員死亡しました。

日本NHK公営TVは今回の事故当時、該当地域に気象注意報が発令されなかったと伝えた。

READ  日本銀行、予定になかった債券買取作業を実施
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours