エンターテインメント

記事も俳優も「準備した後、アドリブショー “吉沢亮、中村太地7段見つけ「予想外の共通点」 – 期 – Number Web

記事とコンピュータ将棋ソフトの対局を描く異色の長期映画「AWAKE」が全国公開中だ。 今回は、この映画の中で、プロを目指すながらも夢破れ期ソフトの開発に陥る主人公を引き受けた吉沢亮さんと中村太地7段の特別対談が実現した。

芸能界と将棋系 – 難しい世界の若い活躍する二人の対談は、初対面の写真撮影で「正解がない演技」と「勝敗の期 “俳優と記事の話が出る。 (全2回に1回/#2に)

中村初対面ですぐに撮影はさすが緊張し(笑)。

吉沢中村氏は、身長が高いですね。 ヨモギた姿が記事らしく美しいだろうか。

中村いいえ、吉沢雅言葉26歳とは思えないほどの落ち着いた雰囲気とオーラがあります。 到着した瞬間にパッと空気が変わったかのように感じました。

「将棋という意味でとても狭い世界であるのです」


– せっかくなので、将棋盤を挟んで「大国風」してみました。 俳優と記事には難しい世界で活躍している人同士で共通などを教えてくださいいただければ。

中村映画「AWAKE」拝見しました。 とても面白かったです。

吉沢本当ですか? 嬉しいです。

中村長期の世界は少し独特のものがあると思います。言葉では言い表せない限り、あいまいなものですが、吉沢さんの演技は、その曖昧なものも表現されていました。

たとえば、電王前の最後の場面。 英一(主人公)の後ろのカメラが入って話ないのに、などと言っているだろうか。 難しいキャラクターだと思って演じ切っている。

吉沢ありがとうございます(笑)。 英一は、他にも興味を持っていることがたくさんあって、やりたいこともあるようだが、自分は期しかないと続けタイラーしまった人間というか。 そんな彼の記事になる夢をあきらめて、期ソフトとの出会いで、いくつかのものを得ていく。 エンターテイメントですが、成長の話だ。

中村将棋という意味でとても狭い世界なんです。 だからふと発見し、自分の価値観もますます狭くなっていく感じがある。 私はそれが嫌で、大学進学を決めました。 事実とても開いていく感じがありました。

しかし、そのような深いところまで臓器を理解して演技することができるとはさすがですね。

[다음 페이지]「美しさにこだわりながら、そのよう頭脳戦をする」

READ  Bennedict Mathurin、30点得点でカナダがFIBA U19ワールドカップで日本を制圧

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close