世界

記憶喪失の謎ウーマン、クロアチアクルクで見つかった、ロサンゼルスでのペアとして認め

両方 天使たち 住民は謎を解くたと信じる。 クロアチアジェーンも– 英語を完璧に駆使しかし、自分の名前を知らない岩島でシートに包まれたまま発見された女性。

Nina SmidtはDaily Beastとのインタビューで、今週の世界を回って回った写真の中の傷が私の女性は、2015年に自身がマネージャーだった会社で職人として働いたました。 ホームレス、Smidtは言った。

同社は、ロサンゼルスのダウンタウンにあるSecond Spaceとして知られて倉庫で運営されていた家主Tyler Madsenはこの女性が引っ越しするお金を集めることができるよう、そこから家賃なしで生きる可能しました。 アイランド そして降りる 社会の底辺

彼女は本当に良い働き手だったスマートた素敵な心を持っていました。

Smidtは火曜日の夕方Daily Beastとのインタビューで、「私は写真の中の女性をすぐに調べた。 「私は彼女の写真を見てすぐにタイラーにそれが彼女であることを確認するために送った彼確認した。」

マドセンは、デイリービーストとのインタビューで、その女性が自分の前のテナントだったと確信し、2015年7月にアイルランドに残して以来、一度も見たことがないと述べた。

“100% – 私の心の中に彼女というのが疑いの余地はありません。」と彼は言いました。

Smidtは月曜日に写真を見てクロアチアの警察に電話をかけてスロバキアの大使館に連絡したと言いました。 彼女は火曜日に警察が大使館が親戚と一緒に女性の身元を確認したと彼女に戻って報告したと述べた。

Daily Beastはクロアチアとスロバキア管理が確認のためにすぐに連絡することができなかったので、名前を公開していない。 しかし、警察が流布したが、女性の写真は、スミートとマドセンがよく知って記憶している女性の写真と一致する。 クロアチアの警察は、水曜日Daily Beastに彼女が誰なのか思い出すことができないので、知られている家族とDNAを一致させなければ身元を確認していないと言いました。

“[She] 大変な時間と不幸を経験しました。 しかし、彼女は本当に良い働き手だったスマートた素敵な心を持っていました。」とSmidtは言いました。

「タイラーと私は彼女の御心配され、大使館から彼女の身元が確認されたので、彼女の家族が彼女に何が起こったのかを調べるために役立つことができることを願って。 “

Jane Doeが居住して働いている倉庫の所有者であるMadsenは次のように付け加えました。 「私たちの相互作用は、常に良かったです。 彼女は懸命に働いた、常にお金を節約しようとしました。 私の考えでは彼女が行こうとしていたのは、アイルランドであり、そこに友人がいた貯蓄をし、人々に近づいていくことに決めました。」

チェコ共和国からの観光客は地元メディアに9月9日、クロアチアダルマチア海岸のマカルスカドールシベニクで女性に会った言いました。 彼らは彼女がスロバキアできたと述べたが、正確にどこにあるかは覚えていません。 彼女は観光客にスロバキアでの列車で旅行し、クロアチアを旅行した後、家に帰る予定と言いました。

TN.CZによると、観光客は「彼女は旅行する方法と引退した友人はまだ働いていると言いました。 「彼女は一人で旅行に行った。 そして、スロバキアに戻った後、14日間の隔離が恐れて、携帯電話の電源を切り、SIMカードをしまった。 その女性が望まない予防接種の話したし、彼女が戻ってくるときに分離する必要かと思って恐れていたが、彼女も望んでいません。」

この女性は、去る9月12日のクロアチアクルクでの釣りをしていた夫婦に発見された。 夫婦は助けを要請し救助隊はオフロード車を利用して、女性に行く2マイル以上を歩かなければならいました。 警察は、後で彼女がいたところで約500ヤード離れたところで、個人衛生用品が含まれていたが、身分証明書はないのリュックサックを発見した。 中に入っていた財布もお金もクレジットカードもなく空っぽ空いたが、女性のバッグのように見えたします。 警察は、今回の事件を強盗事件として調べていることを確認していなかった。

クロアチアの警察関係者はデイリービーストとのインタビューで、今週、彼女が着ている服を見て、東欧的なことだろうと疑ったが、彼女は「Queen’s English “アクセントで英語を駆使したました。 警察は彼女が非常に混乱してたと述べたが、チェコのカップルは、彼女に会ったときそうなかった言いました。 「彼女は非常にスマートな英国での時間を過ごしたので、英語をよくすると言いました。 ” 彼らはスロバキアをすることができ、顔に傷がつかなかった付け加えました。 「彼女は蚊に水たし、蚊にたくさん不平し、蚊に知っていれば、クロアチアのかなかっただろうと言いました。 “

女性の身元についての質問への答えが出てきたかもしれないが、管理者は、彼女がなぜ、どのようクルクに来るか、または彼女が動物の捕食者をいっぱいに地域でどのように生き残るアトヌンジまだわかりません。 誰も彼女を行方不明、または捜していない理由のために明確な答えはありません。 彼女の名前は、国際行方不明者リストに表示されません。

彼女はひどく脱水されて衰弱しており、顔に深い傷が原因で血かさぶたがたが岩が多い海岸線を越えて島に来た人のように足に傷はありませんでした。

READ  【解説】パンデミックで在宅勤務、より快適に過ごすことができますか? - BBCニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close