スポーツ

誘導日本の柔道カー、東京で「メダルラッシュ」の目標

Judo – World Judo Championships – Men under 66kg – Semi-Final – Nippon Budokan、Tokyo、Japan – August 26、2019 Japan」s Joshiro Maruyama and Japan」s Hifumi Abe compete REUTERS / Kim Kyung-Hoon / File Photo

日本の柔道加賀東京オリンピックでのメダルラッシュをすることになり、日本で生まれたスポーツの本国支配力がホームのファンの喜びに加えられるものと思われる。

2019年東京世界選手権大会でのホーム誘導カーは金5個を含めて合計16個のメダルを獲得し、2位、フランスは6個と金メダル3個を獲得しました。

日本の柔道カーは、元の1964年の東京オリンピックで柔道の試合のために建てられた武道館で誘導試合が開かれたとき、最高の誘導カー小野翔平が率いるオリンピックで偉業を繰り返すことになります。

コロナ19によりビートルズ、ローリングストーンズ、安いトリックなど、ロックスターのコンサート会場として知られて武道館と武道館立場が禁止されることができる。

このような背景から、小野は、最も競争力のある重量部門である男子73kg級で2年連続のオリンピック金メダルを狙っており、彼の主なライバルは、2016年リオ五輪で銀メダルを獲得したアゼルバイジャンのRustam Orujovである可能性があります。

他の有望な家庭誘導カーは阿部兄弟HifumiとUtaがあります。

ダブル世界チャンピオンヒプ米劇的な一回限りの試合でチームメイトを破り66kg級男子五輪位置を占めていました。

彼の妹Utaは、過去3年間2019年にフランスのAmandine Bouchardを相手に一度だけ敗北した52kg級世界タイトル2回獲得した。

フランスは、個人競技とオリンピックでデビューする混合チームイベントでホーム誘導カー相手に深刻な課題をすることになります。

ダブルオリンピックチャンピオンテディライナー(32)は、日本の柔道カー巨匠野村忠弘(Tadahiro Nomura)が保有している記録に匹敵する3つの連続金メダルを獲得し、ヘビー級の歴史を目標としている。

フランス女性のチームは63kg級5回の世界チャンピオンClarisse Agbegnenouが初の五輪金メダルを狙うなど、特に強く見えます。

東京で見守る別の誘導カーは、ウクライナのライジングスターダリアビルデッドになります。 彼は48kg級で2回世界選手権と1回のヨーロッパ選手権を獲得した。

東京2020大会では、最初のオリンピック柔道チームのメダルを目指し、個人競技で選んだ男性誘導カー3個の女性誘導カー3つのチームが混合され、1つのチームのイベントが紹介されます。

Reporting by Tetsushi Kajimoto; Editing by Ken Ferris

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  南北首脳会談せずオリンピック不参加

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close