誘導 – 新井、女性-70kg金メダル獲得、日本のメダルラッシュを維持

1 min read

東京、7月28日(ロイター) – 日本の柔道ダブル世界チャンピオン新井千鶴(Arai Chizuru)が水曜日女性-70kg部門からの厳しい決勝で、オーストリアのミカエラポーレレス(Michaela Polleres)を破り、誘導6番目の金メダルを獲得した。

日本チームは5日連続で誘導金メダルを獲得し、現在、2004年のアテネ五輪で、以前の記録である8個の金メダルよりも2個不足します。

オランダSanne Van Dijke、ロシアオリンピック委員会のMadina Taimazovaが銅メダルを獲得しました。

世界ランキング5位の27歳の荒井(Arai)は、誘導のノックアウトに対応する2つの予選でイルポンで勝利しました。 準々決勝ではAraiは、ドイツのGiovanna Scoccimarroを破り、確実な勝利を収めました。

彼女は準決勝で、決定的な技術を実行するために困難を経験したがTaimazovaとスライディングラペルチョークで勝利するまで16分30秒以上かかりました。

男子柔道-90kg階級では、ジョージア州の柔道選手ラシャベッカたち(Lasha Bekauri)が決勝で、ドイツのエドゥアルド・ツリーフェル(Eduard Trippel)を破って金メダルを取った。

ウズベキスタンのDavlat BobonovハンガリーのKrisztian Tothが銅メダルを受けました。

この部門で良い成績を期待していた、日本の向井章一郎は、過去16強でトスにショック敗を喫した。

梶モットーテツ時(Tetsushi Kajimoto)の報告Christian RadnedgeとHugh Lawsonの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] ワールドシリーズ英雄アドリス・ガルシアはNPBジャイアンツで忘れられない活躍を繰り広げました。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours