語学の難しさ、外国人児童の学習支援

1 min read
読売新聞ファイル写真
2017年に東京でした中国少年がオンラインで日本語授業を受けている。

OSAKA – コロナウイルスの国境管理措置が緩和されるにつれて、日本に来る外国の子どもたちが増えています。 この活動はボランティアによって行われ、支援システムの構築が問題になりました。

人口減少による人材不足の問題を解決するため、政府は外国人労働者を積極的に受け入れている。 その結果、コロナ19大流行が始まる前から就職ビザで日本に滞在する外国人が増えた。 しかし、そのような外国人労働者の多くは、大流行のために子供を日本に連れてこなかった。

コロナウイルス感染の拡散により、政府は2020年4月から外国人新規入国を制限し、今年3月から段階的に緩和し始めた。

家族を日本に連れて行きたい外国人労働者にとって、政府は一定の条件を満たせば家族ビザに入国できるようにしました。 政府は昨年6月、この条件を解除した。 外国人労働者の家族は最大5年間日本に滞在できます。

日本出入国管理庁によると、コロナウイルス拡散防止のための入国制限措置として、12月末基準で2020年と2021年に日本に居住する外国人数が2年連続減少した。 しかし、その数が増加し始め、2022年6月末には296万人で史上最高値を記録しました。 そのうち約10%が高校生以下で、10年前に比べて約1.3倍増加しました。 そのような状況では、ますます多くの外国人の子供たちが日本語の授業を受けたいと思っています。

「直接学生」は助けが必要です

ネパール少年アシム・カトリー(15)は、大阪で食堂を運営する父親と一緒に暮らすために、昨年10月に叔父と共に家族ビザとして日本に来た。 Khattriはネパールで中学校を卒業しているため、他の学生より年齢が高いため、日本の中学校に入学できません。

これらの子供たちは母国の中学校を卒業してすぐに日本の高校に入学しなければならないため、外国人児童を支援する人々はこれらを「直学生」と呼び、特に支援が必要だという。

Khattriは、留学生を教え、支援する良いシステムを備えた大阪府立高校入学を目指し、現在、大阪で学習支援教室で日本語と数学を学んでいます。 2月に学校入学試験があります。

カートリーは「日本語は漢字、ひらがな、カタカナの3つの文字があるので難しいが、高校に入るように頑張る」と話した。

昨年6月からカートリッジを含めて5人の新入生が合流し、授業を受ける小・中学生もコロナ19以前の20人から33人に増えた。 学生たちを教える日本人10人は皆ボランティアだ。 運営費用は大阪市政府の寄付金と補助金で充当されます。

この教室を運営する坪内吉子さん(74)は「外国人の子供たちを教えるには人材と時間が限られており、経営は綱渡りを覚醒するようなものだ」と話した。

大阪を拠点とする大阪国際交流会館は市内に拠点を置く市民団体児童広場と共同で教室を運営しています。

5月から新入生36人(直学生23人、小・中学生13人)が参加し、受講生は68人で以前より2倍近く増えた。 これにより7月から小・中学校の新入生募集を中断した。

関係者は「入試のために勉強する「直輸入生」に優先権を与えるしかない」と話した。

自治体の半分不足

外国人労働者を積極的に受け入れてきた政府は、日本語教室を運営する団体に補助金を支給するなど対策を講じている。 しかし、サポートは十分ではありません。

文部科学省が2021年8月から11月まで実施した調査によると、全国1,788の自治体の半分程度だけが日本語を教える教師を任用して支援するなど留学生を教える制度を備えている。 子どもの母国語に堪能なスタッフを、小・中・高校などの教育機関に派遣します。

文化庁の調査によると、2021年11月現在、日本語授業などの支援を提供する約4万人のうち48%がボランティアでした。

東京外大教育社会学科小島義美副教授は「学校が留学生の増加速度に追いつかず、現地ボランティアの自助活動に過度に依存している」と話した。 。 今後も政府がより多くの外国人労働者を受け入れるなら、専門技術を備えた人材を養成し、これらの人材を学校や他の業務に配置するシステムを作るのに主導的に出るべきだ」

READ  Xboxショーケースを控えてDiablo 4ベータの登録が始まります。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours