誤って36万ドルのコロナ19支援を受けた日本男性が逮捕された。

1 min read

新種コロナウイルス感染症(コロナ19)に誤って36万ドルを寄付した日本男性がオンラインギャンブルを通じてお金を奪った後逮捕されたと警察が木曜日明らかにした。

地方当局は、「少しずつでも」現金を返すと言った24歳のお金を返すためにますます必死です。

孤独な町アブ(Abu)で当局の間違いとその男がお金を返済できなかったのは日本で怒りを呼び起こし、トークショーでは複雑な財政状況について話しました。

彼はコロナ19で被害を受けた低所得住民のための現金支給を組織していた管理者によって先月4630万円の一時金を誤って送金した。

訪問、電話、手紙がその男にお金を返済するよう説得できなかった後、当局は先週、お金を返すために訴訟を提起した。

西日本山口地域警察署のある警察官は、AFPに、この男性が「コンピュータ詐欺違反の疑い」と逮捕された後、現在拘禁されていると述べた。

この男性は、警察に自身がオンラインカジノで違法な横断裁判所を支出しており、間違いを知っているにもかかわらず、一部のお金を他の口座に振り込んだ疑惑を受けていると述べた。

花田紀彦(Hanada Norihiko) アブ市長は木曜日の記者たちに今回の逮捕が「真実に向けた一歩」と話した。

「私は(彼がすべてを使用した)ことを完全に信じていません、そしてどこかに(お金があるので)可能だと思います」と彼は言いました。

Hanadaの従業員は、一般の怒っている電話や電子メールに疲れていると付け加えた。

©エージェンシーフランス – プレス

READ  APTOPIXパリオリンピック日本体操| 国民スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours