トップニュース

説明:結婚した夫婦が同じ姓を持つように要求する日本法の議論

日本の与党自由民主党(LDP)の一部は、結婚した夫婦が同じ姓を持つように強要する法を改正することに反対する信号を送ったThe Japan Timesが報じた。

女性の承認と男女平等のためのタマヨマルカワ長官は、女性が結婚後も生れの名前を維持することを拒否している保守的な政治家の一人です。

最近、日本では女性の人権活動家たちが、保守的な人物たちと戦うなど100年の法の白熱した議論を目撃した。

日本のソンボプ

日本の民法上結婚した夫婦は同じ姓を共有する必要があるため、結婚した配偶者の性が、他の国が違法である唯一の先進国となった。 この要件は、明治時代(1868-1912)に1896年に初めて導入されました。このとき、女性は家族を離れ、夫の家族になるのが一般的でした。

法は、一つの性を有することを義務付けているが、カップルがどんな名前を採用すべきかを明示していない。 しかし、圧倒的に多くの場合、夫婦は、出生時の夫の姓を採用すると選択します。 現在、女性の96%が日本で処女の名前を削除しており、これは、男性が支配する社会を反映します。

法は、The Japan Timesに基づい性をハイフンで接続したり、性をミドルネームに維持するか、両方の性を新しい名前に結合するのと同じオプションの間のオプションも禁止します。 システムを巡るように、多くの日本女性は職場で生れの名前を使用して、公式文書には、結婚した姓を使用します。

ロイターによると、別の性を維持しようとする人は、結婚を登録しないことを選択しかし、継承と親の権利の紛争のような法律上の問題を発生する可能性のリスクがあります。

日本は男女平等に関する限り低い成果について、多くの場合批判を受けます。 世界経済フォーラムのグローバル性別格差レポート2020で、日本は153カ国中121位(インドは112位)でした。

法を変えようとする努力

個人と女性の権利を擁護する人々は、日本が構法を廃止することを長い間求めてきました。 女性はまた、結婚後パスポートのような公式文書に自分の姓を変更する手間を軽減する方法を非難しました。 UN女性差別撤廃委員会(CEDAW)は、これらのニーズを反映しています。

保守主義者たちは、このような努力に抵抗しており、夫婦に性を選択できることを与えれば、家族関係が損なわれて、日本社会を脅かすことができると主張してきました。 2015年、日本の最高裁は、民法上の性共有義務が違憲ではないと判決し保守派編を聞きました。

現在、性の平等大臣の床カー多摩料を含む50人余りの日本の国会議員は、地方党議員に法改正の動きを避けることを促しています。

The Japan Timesのレポートによると、1月30日に作成された書簡で議員たちは指導者に地域の議会で政策変更を承認する書面意見を拒否することを要請しました。 日本では、地方議会で採択された意見が議会で話題についての議論を開始するための最初のステップであると考えます。

昨年、日本の首相は菅義弘ところ、二重性を可能にするシステムのサポートを発表し、変更を要求する人々に希望を与えてくれました。 しかし、保守党員の反発があった後、シュガー政府は12月男女平等推進政策が承認されたとき、何の変化も発表していなかった。

ガーディアンによると、2020年10月に実施したアンケート調査で、回答者の70.6%は、他の性を使用しているカップルに反対しておらず、14.4%は、現行法が継続されるべきだと答えました。

READ  韓国人たちは今、日本よりも中国をもっと嫌い

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close