経済

誰がインド太平洋経済体制の恩恵を受けますか?

米国主導の経済イニシアチブであるIPEF(Indo-Pacific Economic Framework)は、デジタル貿易に大きく焦点を当てるとワシントンDCの戦略及び国際研究センター(Center for Strategic and International Studies)の国際ビジネス上級顧問でありショール議長であるウィリアムAlan Reinschが言った。 。

の質問に答える 産経新聞 そして 日本フォワード 去る5月末、ビル・クリントン政権時代、米商務省の上級管理は、バイデン政権の発言を分析しながら「彼らの主な規制焦点はデジタル貿易になりそうだ」と話した。

5月23日東京発売、 IPEF 次の4つの柱に基づいています。

  1. 連結経済(貿易)、
  2. 回復力のある経済(供給網)、
  3. クリーン経済(クリーンエネルギー、脱炭素化、インフラ)、
  4. 公正経済(税および反腐敗)。

バイデン大統領 IPEF発表 去る5月23日同時日本を訪問した岸田文夫日本首相とナレンドラ・モディインド首相と共に。

7 つの ASEAN 加盟国を含む 12 のパートナー国は、発足時に米国とともに初期グループの一部でした。 Reinsch氏はアメリカだけでなく、「12 [partner] 国は印象的な始まりです。」

ようこそフィジー数日後、太平洋諸島の国、IPEFには現在14カ国が含まれています。

ウィリアム・アラン・ラインシュ。

市場アクセスの視点

Reinschは、インドの新しいフレームワーク参加発表を次のように分析しました。 歴史的に消極的だったこと」と話した。

彼は「また、インドが貿易の柱よりも商務省が率いる3つの柱の一部に合流する可能性が高い」と話した。

続いて彼は「IPEFが米国で市場アクセス交渉がないという批判を受けている」と付け加えた。

彼は、より大きな市場へのアクセスを求めている中小国が特にIPEF参加から恩恵を受けると説明し、「そうすれば、他の国にとってあまり魅力的になるだろう」と付け加えました。

岸田首相は、バイデン全大統領に環太平洋経済連携協定(TPP)復帰を促した。 Reinsch氏は「米国ができる最善はTPPに戻るか、CPTPPに加入することが日本政府の言葉が正しいと思います。 [Comprehensive and Progressive Agreement for Trans-Pacific Partnership).” 

At the same time, he added “I would not rule out the possibility of that happening eventually. But at the present moment, the Biden administration has made clear it does not intend to do that.” 

Reflecting, he noted, “In the short term [the US] IPEFを進め、私たち全員がどうなるか見守る必要があります。」

Reinsch氏は、「最近の日本は、この地域の経済問題、特にCPTPPを構築しようとする安倍首相の努力について、より多くのリーダーシップを発揮しています」と指摘しました。 続いて「現政府が主導的役割を続けると楽観する」と付け加えた。

関連:

(日本語記事を読む このリンクから.)

作家:岡田美月

READ  Hondaは、Toyotaと完全に対照される電気自動車にオールインします。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close