理科

調整される研究ラインの配置

沿岸警備隊介入:
議員は中国と日本のパトロール事件以後、中国の行動で隣国が注意を喚起したと述べた。

  • 投稿者:Wu Po-hsuanとKayleigh Madjar /スタッフ記者、スタッフ作家

国家科学技術委員会(National Science and Technology Council)は、過去5年間、研究船に関連する11件の領有権紛争関連事件があったと立法者が明らかにした後、研究船を派遣する前に国家安全保障および海岸警備隊管理と会議を持つと述べた。 。

台湾の排他的経済水域は中国、日本など他国の排他的経済水域と重なるため、研究船が時々これらの国の海岸警備船によって追われる。

水曜日に開かれた立法予算聴聞会で、無所属の黃國書議員は委員会に研究船のセクハラを処理する計画について質問しました。

写真:リンシンハン、台北タイムズ

9月末に、国立台湾大学が運営するNew Ocean Researcher 1(新海研一號)が台湾東部で研究を行っていた事件が発生したとHuangは語った。

彼は日本の排他的経済水域(EEZ)で運航していると信じて日本海岸警備船が船舶に警告を送ったと話した。

彼は台湾沿岸警備隊が予防措置で500トン規模の花蓮パトロール船を派遣して10時間の間にデッドロックに陥ったと付け加えた。

事件後、中国外交部は東京に「中国の研究活動」を妨げないように要請した。

黄首相は今回の事件を「恥ずかしい」とWu Tsungtsong委員会長官に応答し、台湾-日本海洋業務協力対話を再開するよう要請した。

Wuは中国がこの事件について日本に代表を提起する権利がないと重ねて強調しました。

台湾沿岸警備隊が現場に到着したとき、Wuは外交部と国家安全保障要員が問題を解決したと仮定した。

彼は「対日海上対話はコロナ19ファンデミックでほぼ2年間中断されたが、国境が開放された今再開しなければならない」と付け加えた。

Huangは、委員会データを引用して、台湾の研究船が過去5年間に外国船によって11回いじめられたと述べました。

2件の事件で船舶は1海里(1.85km)以内の中国船舶によって追撃されたと彼は付け加えた。

Huangは、フィリピンとの共同研究プロジェクトでも中国船の嫌がらせを受け、フィリピン政府がこの問題を処理したと付け加えた。

Huangは、北京のますます積極的な灰色の地域戦術のために、周辺諸国が境界を強化し、台湾の海洋研究に影響を与え、政府がナビゲーションと通知メカニズムを検討するように促しました。

Wuは、事故は委員会だけではなく、国家安全保障委員会、沿岸警備隊、その他の機関と協力して処理されると述べた。

彼は国家科学技術委員会が研究船が派遣される前に他の機関と会議を開いて船舶の任務と手続きを明確にすると約束した。

コメントが確認されます。 記事に関連するコメントを維持します。 悪口とわいせつな言語、あらゆる種類の人身攻撃、宣伝などのコメントは削除され、ユーザーはブロックされます。 最終決定は台北タイムズの裁量に従います。

READ  ストロベリースーパームーンは空を明るくし、今年最も低い満月です。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close