スポーツ

調整のアジア、オセアニアオリンピック予選5月に東京で予定

ワールド調整は月曜日、東京オリンピックのアジア・オセアニア予選が5月初めに会場であるSea Forest Waterwayで開かれると述べた。

今回の大会には25カ国と地域から来た100人余りの選手とスタッフが観客なしで開催される予定であり、日本はコロナウイルス感染症の中での安全のために十分な対策を用意する任務を引き受けることになる。

公式練習は5月3日と4日に予定されており、シングルスカルと軽量ダブルスカルレースが5月7日までに、男女ともに対象に開かれます。

予選は昨年4月、韓国で予定されたが、伝染病が原因でキャンセルされた。 月の図面は、いくつかの国と連絡を取ったし、日本だけ1月末に確認された大会の開催提案を受け入れた。

日本に来る選手たちは非居住外国人の入国禁止を免除受けたが、政府は現在進行中の緊急事態が終わるまで、1月中旬に免除を終了することを決定した。

イベント当時の状況は不確実であり、日本調整協会や他の組織機関は、外国人選手の入国とスタジアムでの旅行、滞在や対策の正しい準備を提供するように要求されるでしょう。

日本はまだ両方のイベントで場所を確保していなかった5月中旬、スイスで開かれる大会と最終の世界予選でそれらを封印しています。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  ラグビー| 日本のラグビーの将来:プロ時代の新しいリーグ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close