調査では、ウクライナの難民4人のうち1人が日本に定住したい

Estimated read time 1 min read

日本データ

社会政治


日本財団(Nippon Foundation)が日本にあるウクライナ難民を対象に実施したアンケート調査によると、多くの人々が日本に長期滞在することを希望することが分かりました。

現在日本にあるウクライナ難民の約25%は、日本財団が実施したアンケート調査で「できるだけ日本に長く滞在したい」と答え、日本に定着する意思を明らかにした。 「ウクライナの状況が安定するまでしばらく日本に滞在したい」という回答者数を勘案すれば、65%以上が日本に長期滞在したいという結果が出た。

オンライン調査は、日本財団の支援を受けている18歳以上の避難民を対象としました。 11月末から12月初めまで行われ、750人が回答した。 避難者2,179人(12月9日現在)のうち、日本財団は1,608人に旅費と生活費を支援した。

日本を選んだ理由は?

回答者は、給付や生の必需品以外に必要な他のサポートが何であるかを尋ねました。 55.9%で「娯楽と観光」への支援が最も多かった。 その後に続いて「就職および職業訓練」が39.2%、「支援を希望する者を地域支援団体と連結してくれる」が36.7%、「日本人友達づくり」が36.0%で続いた。

どのようなサポートが必要ですか?

l最近2週間の状況と心情について「ほぼ毎日」、「比較的頻繁」、「時々」という回答を総合すると、約70%の避難民が「眠れない」と同意しました。 全体の約60%が「孤独を感じる」と話し、同じ数の回答者も「仕事に集中できない」と話しました。

過去2週間でこの感情を経験したことがありますか?

開かれた質問に対する回答の中には感謝を表わす人もいたが、「日本語プログラムに支援したが友人と遠く離れた学校に割り当てられた」など難民が経験する困難を指摘するコメントも少なくなかった。 日本に住んでいます。 イベントに出席し、友達に会い、仕事を探すために東京に移動したいと思います。」 他の人は「私が住んでいる地域にはウクライナ難民のための交流行事がほとんどない」と指摘した。

(日本語翻訳。バナー写真©Pixta。)

避難者
日本財団
ウクライナ

READ  防弾少年団「Film Out」、初の日本シングル英国チャートチャート
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours