理科

論理発言は「ピラミッド構造」で組み立て| グローバルモード| ダイヤモンドオンライン

写真:thodonal / 123RF

まで勧誘発言するために必要な大前提は、接続詞の使用などの表現について説明している。 いよいよ論理的思考の本性ピラミッド構造(ピラミッド構造)について紹介する。
アメリカの大学やハーバード経営大学院で勉強して総合商社で丁々発止事業をしてきた経験をもとに、現在、日本人の英語力の向上と世界的なリーダーの育成に従事している著者が最新作「グローバルモード“から抜粋した、その要領を紹介する。

ピラミッド構造で考えを整理して結論から言えば、

私たち日本人が慣れている起承転結のスタイルは、グローバルな環境で「ポイントを早く言ってくれ」と続いた傾向です。 また、相手はこちらの事情を知らないと、元の理論から話を始めてしまい、苦手な場合も多くあります。

日本企業の英語のグローバル研修です。 質疑応答では、受講生の答えの多くは、「的を射ていない」ことでした。教授の「YESまたはNOか」の質問にYESもNOと言わず、なぜそのように考えたのかと思うパスで説明を始めるということです。

しばらくの間、何の答えなのか周りも理解することは困難教授が本題に戻す意味が説明を求め、今回は詳細の説明を開始してしまい、最終的には「YESまたはNO?」という当初の質問に答えにたどり着くありません。

日本人の習慣から見れば、結論を先に話をすることに抵抗があるようです。 危険回避のためにも、また仕事を荒立てないためにも結論を述べる前に、なぜそこなったのかという背景を理解受けようとすることです。 家庭や経緯を話した後、最後に、最終的に結論に至ることです。

しかし、グローバルビジネスの現場では、まず、結論を言うことのような意見や他の意見か、周囲の人たちも心構えを持つことができ以降の説明をよりしっかりと聞いてくれるでしょう。 その文脈で言う直接は赤裸々に自分の感情をぶちまけるより「ポイントを立てる」ということです。起承転結形式の洗濯相談は回りくどく感じることです。

英語のというなじみのない言葉を使用してコンテキストを共有していないグローバルな環境で起承転結を起動すると、収拾がつかない。 「この人は考えも整理していなかった、だらだら話しているか」と灰白質を疑うともすると「もう」との中間に遮ら結論なくなる可能性も出てきています。

ものを整理して伝えたいときに重要なのは、「結論」を先に言及していることです。 結論と理由は、この流れが重要です。 最良の方法の一つは、 “ピラミッド構造“を利用することです。次のような裏付けされた理由の後の結論がなされている形で考えを整理することです。

この構造を使用して結論から話ます。 たとえば、Aさん雇う必要がある理由についてピラミッドを作ってみましょう。

産を雇う必要があります。
→Aさん雇う必要があります(結論をいう)
3つの理由があります。
→3つの理由があります(これはで話すの構造 <지도>を公​​開)
まず、彼女は素晴らしいエンジニアです。
→最初は彼女が優秀なエンジニアであるためです
第二に、現在の当社のエンジニアリングリソースは非常に限られています。
→二つ目は、今のエンジニアのリソースが乏しいしているからです
第三に、我々はまだ他の人を雇うことに十分な予算があります。
→第三は、予算にまだ余裕があるからです
だから、私たちは、牙山を雇う必要があります。
→したがって、Aさん雇う必要があります(ジョイに再び結論を繰り返し)

READ  今日UM | 科学学部

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close