謎の金属球が日本のビーチに押されて当局を恥ずかしくする

1 min read

4.9フィート金属球 東京から南西に150マイル離れた浜松市の遠州浜ビーチに浮かんできたことで、当局はそれが何なのか、どこから来たのか分からない。

この球は当局に報告された行人によって最初に発見されました。 現場に到着した警察は、すぐにその地域をブロックし、調査のために爆弾処理盤を招集しました。 ボールはX線検査を受け、中空であることが判明しました。 ビーチは閉鎖されたままです。

この神秘的な金属ボールは正確に何ですか? ブイや他の種類の海洋機器ですか? 実験装置? 宇宙ゴミの彫刻?

2011年日本を襲った津波の残骸でしょうか? 津波は広範な破壊を引き起こし、膨大な量の残骸を海にさらした。 このボールはその残骸の一部であり、それ以来海に浮かんでいた可能性があります。

READ  バンコクポスト - イラン、アジアカップで日本を脱落させる
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours