講師中、日本特使懇談会技術・インフラ

Estimated read time 1 min read

______________

アニタ国会議長は火曜日、佐山山拓也(シンサマタクヤ)の新任ウガンダ日本大使に会い、特に技術とインフラに焦点を合わせて両国協力を深める方法について様々な問題を議論しました。

彼女は日本が62年近く開発協力をして実質的な利益を得て生活水準を向上させたことについて拍手を送りました。

「日本国民の友情とパートナーシップは、雄大なナイル川橋や他の多くの道路プロジェクトなど、私たちのインフラ開発を支援するプロジェクトで見ることができます」と彼女は言いました。

Annet Anita Between国会議長は、新しいウガンダ日本大使HE Sayama Tukuyaを議会に歓迎します。 写真:マリア・ワマラ

彼女は「今後、このような相互協力分野を構築し、貿易、技術交流、教育分野で互いに支援し、若い人口が技術を身につけ、競争力のある未来を準備できることを願っています」と付け加えました。

最近、議会は日本国際協力機構(JICA)がウガンダに対する保健、教育、インフラ支援に貢献したことに拍手を送りました。

佐々山大使は引き続き両国協力を深め、日本議会上下院をウガンダ議会とつなげていくと約束しました。

彼は「前任者に施した国会の優意と日本国際協力機構(JIA)を認める発議に感謝する」と話した。

佐々山大使は、日本とウガンダの協力は、以前の難民支援、インフラ、農業、教育に焦点を当て、技術と青少年の技術教育に焦点を当てて構築されると述べた。

アニタの中、国会議長は火曜日、佐山山拓也(シンサママ・タクヤ)の新任ウガンダ日本大使に会い、技術とインフラに焦点を合わせて両国間の協力を深める方法についていくつかの問題を議論しました。 写真:マリア・ワマラ

アニタの中、国会議長は火曜日、佐山山拓也(シンサママ・タクヤ)の新任ウガンダ日本大使に会い、技術とインフラに焦点を合わせて両国間の協力を深める方法についていくつかの問題を議論しました。 写真:マリア・ワマラ

「私たちはウガンダを歴史的にも未来にもこの地域のハブとして認識しています。 韓国政府は将来の世代に投資したい [youth]」と言った。

講演者の間、講演者は最近、回復作業のために閉鎖された弱いカルマ大橋の再建に日本人の関心を示しました。

彼女は「ナイル川橋で私たちが持っていた協力をもとに整備が予定されているカルマ橋など他の大規模なインフラプロジェクトでも共に協力できることを期待する」と話した。

両首脳は発展のために両国間の関係を強化していくことに合意した。

READ  「アルゴリズムとは何か?」を専門家が分かりやすく解説 - GIGAZINE
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours