世界

議員たち、ビックテックに自殺現場「被害緩和」を促す

ウェブサイトで時間を費やして死ぬ方法を学んだ人々の家族は、長い間検索エンジンを含む人々をサイトに導く技術会社に責任を持ってきました。 Web分析会社Similarwebのデータによると、このサイトは月に600万ページのビューを記録し、トラフィック全体のほぼ半分がオンライン検索によって発生します。

マイクロソフトの広報担当者は、タイムズの調査に基づき、会社が「私たちの政策に従って措置を取った」とし、「結果でこのウェブサイトに関連する順位を扱った」と話した。

The Timesの報道を引用して、Blumenthalは、GoogleのCEO Sundar Pichaiに送られた手紙で、自殺サイトのコンテンツが「世界をあまりにも多くの人にとって暗い場所にする」と書いた。 「この危険なウェブサイトから抜け出そうとしている人」を案内します。

彼は「Googleの手は縛られておらず、行動する責任がある」と書いた。

GoogleのスポークスマンLara Levinは、The Timesに送信された電子メールで調査や上院議員の書簡についてコメントを拒否しました。

Blumenthalは、MicrosoftのCEOであるSatya Nadellaと社長のBrad Smithに送った手紙でも同じことを示しました。 Microsoftの担当者は、追加の言及を拒否しました。

自殺サイト運営者は、長い間サイバー保護を提供する米国企業であるCloudflareを使用してWebホストの名前を曖昧にし、どの企業がこれらのサービスを提供するのかを知ることが困難または不可能になりました。

2019年、Cloudflareはオーストラリア政府の管理から自殺ウェブサイトの危険性について通知されました。 翌年、サイトに参加している間に子供が亡くなった親は、CloudflareのCEOであるMatthew Princeにサイトへのサービスの提供を中止するように依頼しましたが、彼は反応しませんでした。 Cloudflareはこの記事へのコメントリクエストに応答を拒否しました。

READ  日本、オリンピック開催都市での事例の記録を更新し、これまでにないCOVID拡散警告

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close