理科

議論の余地がある国防研究に対する日本の選挙が意味するもの

今月の日本選挙で投票率は低かった。出典:加藤一生/ロイター

日本の保守執権連合は2020年までに連政を率いた安倍晋三元首相が暗殺されてから2日ぶりの今月初めに総選挙で圧勝を収めた。

研究者らは、連合が国会議員に勝利すれば、軍事的応用可能性のある技術を含め、最先端技術を通じて経済を扶養しようとする安倍の遺産を継続する権限が付与されると述べています。 そこで、一部の研究者は、彼らの仕事が戦争行為に使用されることを望まないと述べた。

東京大学の科学者であるSayaka Okiは、次のように述べています。 彼女は、軍事的および非軍事的用途の両方を持つことができる研究に対する政府の投資が続くと期待すると述べた。

研究者たちはまた、「二重使用」研究に資金を提供するプログラムが経済的利益に寄与しない科学を排除し、いくつかの敏感な研究が分類される可能性があると懸念しています。 横須賀にある日本海洋地球科学技術庁火山学者の浜田森久(Hamada Morihisa)は「軍事研究は大衆に公開されず、すべての人のための科学でもない」と話した。

キャンペーンの約束

選挙に先立ち、岸田首相と自民党は、特に研究に投資する民間企業に対する税制の恩恵により、科学と技術への投資を増やすことを約束した。 量子技術、バイオテクノロジー、人工知能、再生医療などの国家優先分野への投資も約束した。

しかし党はロシアのウクライナ侵攻と中国との緊張高調による安保脅威に対応し、日本の国防予算を国内総生産(GDP)の2%に2倍に増やすと約束した。 国際協力を促進する東京の阪川平和財団の厚津スナミ会長は、この資金がサイバー空間、深宇宙、海洋技術への投資を通じて研究分野に流れ込むと述べた。 Sunamiは、経済安全保障と科学政策に関する政府顧問でもあります。

日本は第二次世界大戦が終わった後、憲法に明記された立場である平和主義に専念してきました。 しかし、安倍首相の指導の下、政府は軍事的応用が可能な研究に投資し始めました。 2015年、国防省の取得、技術、軍需局(ATLA)は基礎科学基金を開始し、現在年間予算は約100億円(米ドル7200万ドル)です。

そして5月、政府は戦略技術の輸出を制限し、サプライチェーンを確保するために経済保安法を制定した。 その努力の一環として、研究のために約5000億円相当の資金を確保しました。 経済セキュリティは本質的に二重用途技術の発展に関するものであるとSunamiは言う。 これには、ミサイル検出のための改善されたレーダーシステム、隣接国の潜水艦活動を監視するセンサー技術、コンピューティング性能を向上させる新しい材料が含まれます。 「私たちは「軍事」という言葉を使用しませんが、彼らは明らかに現在または将来の軍隊の利益に役立っています。」

コミュニティ抵抗

科学界のメンバーは、二重用途研究への投資の増加に反対してきました。 2017年、研究員の代表機構である日本科学委員会は、軍事または戦争目的の研究に絶対参加しないという約束を再確認する声明を発表しました。 声明を裏付けるために、多くの大学は軍事研究を許可していません。 それ以来、大学研究者のATLA補助金の申請が減少しました。

一部の研究者はまた、政府の研究優先順位への投資が増加すると、関心のある研究を選択できる学問的自由が侵害されると述べています。 北方星大学で政治哲学を勉強する杉田敦は、公共政策に基づき資金調達決定を下すと、一部の研究分野が怠ると言う。

しかし、他の人々は、政府の優先順位への投資の増加が他の研究分野への関心を減らしたという証拠がないと述べています。 Sunamiは、日本が政府が優先順位研究分野に資金を供給し始める前にも、科学のための科学への支出を増やすように大衆を説得するために長い間努力してきたと述べています。

仙台の東北大学総長である大野秀夫総長は、政府資金支援プログラムが二重用途に使用できるため、これを批判するにはまだ早いと述べた。 ほとんどすべての研究は二重用途に分類できますが、それが軍事目的で使用されるという意味ではないと彼は言います。 量子技術、バイオテクノロジー、人工知能はすべて日本が投資すべき分野であるとOhnoは言います。

閉じた科学

一部の研究者はまた、軍事研究への投資が機密データの共有に制限をもたらす可能性があると懸念しています。 これまで、ATLAがサポートしているプロジェクトはまだ基礎科学段階にあり、結果は公的にアクセスできますが、「オープン性は保証されていません」とHamadaは言います。

Sunamiは、オープンサイエンスが望ましいが、一部の研究は保護する必要があると述べています。 Sunamiは、政府に助言を提供する経済安全保障専門家委員会の一員であり、資金援助のためにどの技術に優先順位を付けたいかを明確にし、その研究が機密に維持されるべき時期を決定するためのガイドラインを開発するために、まもなく再招集されると言いました。

国防費の増加に対する国民の支持が減少する可能性があります。 今月の選挙の投票率はわずか52%で、これは与党の支持が広範囲ではない可能性があることを示唆しているとSugitaは言います。 彼は安倍首相の暗殺によって党が軍事政策の支持を撤回する可能性があると述べた。 これには経済成長を促進するための方法として二重用途技術への支援が含まれますが、そのような政策には強力な産業支援があることに留意すべきであると付け加えました。 「それほど楽観的ではありません。」

READ  Webb宇宙望遠鏡で次の星間訪問者を調査する前例のない機会

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close