経済

豆事業:北日本のコーヒーショップ、明るい自販機での売上高の増加

福島 – 日本の北部の都市のコーヒーショップが新型コロナウイルス感染症に起因する顧客の減少に応じて自動販売機を介して、コーヒー豆の販売を開始しており、洗練された黄色の外観で注目を集めています。

市内つ組路招地域の「コーヒーシャ雅」カフェの隣に珍しい自動販売機が設置されて豆がよく売れるようです。 伝染病が原因で、顧客数が減少するにつれて、カフェのオーナー正敏山口(51)は、ビジネス醸造のための新しい方法をテストしていると言います。

山口は昨年末飲料自動販売機を改造して自動販売機を介して豆を販売し始めました。 彼ブレンドした8種のコーヒー豆が販売している。



自動販売機を介して販売されるコーヒー豆の袋ごとメッセージカードが付いています。 (毎日/渡辺直樹)

「ブレンドコーヒーの味は、単一の品種から抽出したコーヒーに比べてより顕著になります。」とYamaguchiは言います。 100グラムの袋は、それぞれ650〜700円($ 6.20〜$ 6.68)であり、200グラムの袋は1個1,300〜1,400円($ 12.40〜$ 13.35)で販売されます。 カフェで販売された豆を新鮮に保つために、先週に焼き豆だけ自販機に挿入します。 酸化防止のための特別な袋に密封し、自動販売機の内部で金属臭がすることを防止するためにフィルム包装します。

カフェが開いている間、コロナウイルス感染の拡散を防ぐために座席数を10席から4席に減らしました。 顧客数は通常よりも半分以下に減り、その結果、売上高が急減しました。 一方、お店で豆を買う顧客の数は、感染症が原因で家にとどまる人々のニーズのために減少していない。 売上高を高めるために山口は、自動販売機を導入した山形市の知人にアドバイスを受けて、コーヒー豆の機械を設置しました。

機械を人々に、より身近にするためYamaguchiは機械の片側に自分の姿を描いて、各豆の袋にメッセージカードを取り付けます。 インストール後の最初の週にこの機械は、5〜6kgの豆を販売し、その後毎週2〜3kgを販売しています。 福島県伊達市から来た46歳の常連客は、「残業をたくさんして、夜にコーヒーを買うことができるところがあってうれしい」と喜んだ。

現在、コーヒーの粉は、鮮度が早く落ちるので販売されません。 した一般のお客様は、自動販売機が設置された後、コーヒーグラインダーを購入したと思われます。

山口は「コーヒーをパトすぐ味がいい。多くの人々は、この味を機会にして楽しんでほしい」と話した。

(Japanese original by Naoki Watanabe、Fukushima Bureau)

READ  SoftBankはWeWork訴訟を解決します。 Adam Neumannが棚ぼたで終了

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close