エンターテインメント

豆柴の大群東京ドーム運動会大成功初の全国ツアー開催も発表| au Webポータル芸能ニュース

TBS系バラエティー「水曜日ダウンタウン「企画「MONSTER IDOL」で誕生し、10月7日にエイベックスからシングル “AAA(トリプルエー)」を発売してメジャーデビューWACK所属の5人組アイドルグループ二時の大群。

そんな二時の束が10月11日メジャーデビューから4日という史上最速のスピードで、東京ドームで「メジャーデビュー4日の目標を達成!? 豆柴だらけの大運動会in東京ドーム」というイベントを実施した。

MCで田村健二を迎え、5人のメンバー同士」50mランニング」「玉入れ」などの伝統的なものから、「バブルボール相撲」「鉄棒にぶら下がって」などの様々な種類のものまで12種目の競技を行い、その模様が18時から約3時間をかけて二時束のYouTubeチャンネル、通称「豆tube “生配信された。

開会式では、WACK代表渡辺淳之介より優勝メンバーで賞金小遣いで100万ウォンが与えられることが発表され、その場で帯封された状態裸足の現金がすぐにポケットから出てくる場合、会員から一斉に歓声が上がった。

序盤は松花江モンスターが4種目で1位を獲得するなど、優れた運動神経を発揮し、6種目が終了した時点での中間結果1位松花江モンスター2位相川よりスパイ3位みゆき天使、4位出オブって、5上記葉フェニックスという順位に。 それぞれの個性あふれる熱戦が展開されて一見の価値がある戦いがあった。

7日に発売されたシングルCD「AAA」を店頭で購入すると付与される「豆券 “でランク期待する施策も行われており、事前に投票をしたファンからは「全く予想と違う! “”松花江あまりにも強い! 」などの声が聞こえた。

後半は川沿いを中心とした上位対決とナオグァ葉による最下位の戦いの様相が12種目の「ハンター鬼ごっこ」では、拷問を務めているクロちゃん(安田大サーカス)がハンターを連れて登場。 逃げようとメンバーを追いかける姿にイベントの雰囲気は最高潮に。

全種目が終了し閉幕式で結果発表がなんと最終順位は

1位松花江モンスター、相川よりスパイ

3位みゆきエンジェル

4位出オブ出

5位葉フェニックス

という結果。

まず、最下位葉フェニックスは罰則として「日本最大級のバンジージャンプ体験」が告げられると、カエデは最高高所恐怖症ということで、「絶対無理です…」と涙を浮かべていた。 罰則の姿は、後日豆柴束のYouTubeチャンネルで放送されるとのことなので、期待しておこう。

そして、このスコアで1位になった松花江モンスターと相川よりスパイ2人には12試合のうち2人が僅差であった「鉄棒にぶら下がって “対決をサドンデスに行うことに。 見事、哀川よりスパイが優勝し、100万円の現金を手にした。

その顧問のクロちゃん(安田大サーカス)で重大発表として、11月21日(土)札幌cube gardenを皮切りに、全国6都市18公演、豆柴多発最初の全国ツアー “の実力をしっかりと点火ツアー」の開催が決定されたことが発表された。

この驚きの発表に聞いたメンバーも歓喜の声を上げると同時に、初の単独ツアーという重責に緊張した表情も見せていた。

タイトル通り結成から約1年を迎える彼女たちの成長を見守る良い機会。 オーディションで応援してきたファンも、最近注目したばかりの方も、ぜひ足を運んでみてはどうだろう。

イベントの最後には、グループのまとめ役である出オブ出より「今日東京ドームに立つことができたのは、私たちの力でも何でもなく、エンドウ豆(=豆柴多発ファンの総称)をはじめ、関連くださる皆さんのおかげです。いつか自分たちの力この東京ドームでライブをすることができるよう、今後精進します」とジョー挨拶があり、いつか本当の意味で「東京ドームで「誓いの熱い言葉飛び出しファンを感激させた。

メジャーデビューシングル「AAA」発売記念で実施されたこのイベントは、デビュー間もない新人歌手が東京ドームで実施すると異例中の異例破格的なスケールで話題となり、今後の豆柴の大群に期待が高まるとされた。

グループ結成以来、オリコン1位を獲得し、メジャーデビューを発表、史上最速東京ドームは、多くの話題を提供し続ける二時の大群。 今後の動向にも注目して欲しい。

10/11 22:54

頑固ジェイピーnews

READ  株式先物はBiden就任前利益を提供します

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close