豊田の新しい行進命令: 日本 Inc. をより高いプラトーに引き上げなさい

1 min read

内山田武志トヨタ自動車会長は豊田明夫が社長職から退き、ずっと若い経営陣にバトンをめくることにした決定の「触発」の役割をした。

豊田によると、76歳の上山田が年齢のために退きたいと言いながら、人事変更のためのボールが転がりました。

内山田は1997年にデビューした世界初のハイブリッド自動車プリウスの開発を担当した。 その結果、彼はトヨタが全世界で環境にやさしい企業として認められるための努力の象徴的な人物になった。

かつて豊田は、上山田が会社の役職を務めることなく、他の関心事を追求している間、自分の役職に残っていることを予見した。

豊田はほぼ14年間会社の社長を務めました。 彼は自分の計画について上山田に相談し、背中を叩いた。 しかし会長は考えが違った。

上山田氏は、トヨタグループの37万人または日本の自動車部門に雇用されていると言われている550万人を単に監督するのではなく、日本産業部門全体がより大きな世界市場シェアを確保することが自分の役割だと説明しました。

上山田氏は、豊田にとって、強力なビジネスロビーであるKeidanren(日本企業連盟)の首長になるなど、事業部門でより影響力のある役割を果たすには会社の社長が必要だと述べました。

豊田の父親智一郎と広田広田氏は、トヨタモーター会長を務めながら、慶應連会長を務めた。

昨年、豊田はKeidanrenのモビリティ委員会の共同議長になりました。 彼がより高い席を狙うかどうかは置いて見ることだ。

1月26日に発表された挨拶移動は、豊田が会場になり、小路佐藤が4月1日から社長になることを意味します。

佐藤は53歳で社長になった豊田と同い年だ。 教育を受けたエンジニアであるSatoは、電気自動車のためのグローバル市場の大部分として会社を率いる任務を引き受けます。

2022年、トヨタは3年連続で世界で最も多くの自動車を販売しましたが、EVでは米国、ヨーロッパ、中国の自動車会社に遅れています。 このような車両販売の面では上位10位にも入らない。

佐藤は、創業者が出身日だけでなく、会長として、会社内で大きな影響力を行使し続ける豊田のような強力なリーダーシップを提供していない可能性があります。

(この記事は、奈良部武、江口栄介、先任記者木村宏明が作成しました。)

READ  日本投資家、パキスタン訪問
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours